【定番&マイナー】登山・トレッキングが好きな人におすすめの映画




こんにちは、寝袋!です。

「私は登山に関する本が好きです」

と、先日記事にしましたが、本と同じく映画もたくさん観てきました。

映像で観る山の美しい風景、これは、本とはまた違った楽しみです。

私のコレクションから、おすすめの映画を紹介します。

「登ること、歩くことが好きな人」

なら、きっと喜んで観てもらえるんじゃないかなーと。

  • 登山の映画
  • ロングトレイルの映画
  • アウトドア&旅の映画

にわけて紹介します。

天気が悪くて山へ行けない日には、こんな映画を観て楽しんでください。

登山の映画

運命を分けたザイル

山野井夫妻がギャチュンカンで遭難していた時、

「これ、もし俺たち生還できたら『死のクレバス』よりすごいかもな」

と話していたと著書にありました。

まさにその『死のクレバス』を映画化したものがこの作品です。

主人公ジョーの精神力の強さ、ほんとうにすごいと感じる映画です。

「立て、立つんだジョー!」

と、おやっさんのような気分になります。

これは実話ですが、正直、こんな奇跡ってありうるのだろうか?

クレパスに落ちて、上に登る以外の選択肢って・・・。

解説
アンデスの雪山で起こった遭難事故を忠実に再現した奇跡の生還劇。現地で大自然と悪戦苦闘しながらも、事故の細部まで再現された映像に衝撃と感動を覚える作品。生か、死か、極限状態の中で人はどんな行動をとるのか…。

運命を分けたザイル2

これは1作目とはやや毛色が違います。

昔、アイガー北壁で起きた遭難事故(トニー・クルツの遭難)の一部始終を再現していく作品です。

「1」で生還したジョーが、実際にアイガー北壁を登りながら説明していく。

この2作の映画のスタッフはとても山岳映画を撮るのがお上手だと思う。映像が臨場感あっていいのだ。

ジョーは

「自分が奇跡の生還を果たしたことと、クルツが死んだこととの間には違いはない」

と言っている。

お互いに全力を尽くしたし、生還と死を分けたのは両者の技量の差ではなく、たんなる偶然だということなのでしょう。

人間はただベストを尽くすのみであって、それより遥かに大きなウエイトを占める、自然界の下す判決。

そんなものなのかもしれませんね。

解説
アンデス山脈、高度6,400mで遭難した登山家たちの極限状況をリアルに描いた第1弾の感動と迫力が再び帰ってきた!ジョー・シンプソンは事故後6度の手術を繰り返し復活、日が当たることのないスイスアイガー北壁へ挑む。世界中を興奮と感動で震わせたもうひとつの真実の物語。

クライマー パタゴニアの彼方へ

ドキュメント映画です。

当然、天才クライマー本人が壁を登っているのだけれど、あまりにイケメンなのだ。

最初、どこまでが再現で、どこまでが実際の映像か、わからなくなりそうだった。

まるで自分が壁に張り付いているかのような、迫力の映像と音です。

最後、歓喜にわく撮影陣のなかのひとりが、

「オレにまかせろ!」

と、『あること』をする「まさに衝撃のラスト」が見ものです。

気持ちはわかるよ、気持ちは。

解説
アルゼンチンとチリの両国に跨る、南米パタゴニア。その氷冠の間にそびえ立つ、3,102mの花こう岩の鋭鋒“セロトーレ”。
1959年の謎めいた初登頂以来、50年以上も物議を醸し続けながらも、世界中のクライマー達を惹き付けて止まない難攻不落の山に、
2008年ワールドカップ総合優勝を果たしたクライミング界の若き天才“デビッド・ラマ”が、“フリークライミング”による前人未到の
登頂に挑む。この伝説の尖塔を命綱と素手だけで登頂した者は、未だかつて存在しない。厳しい天候、肉体的な限界、
周囲に巻き起こる不協和音など、様々な困難に直面しながらも、葛藤と挫折を繰り返し、自らの限界に挑む者だけが
見ることの出来る世界とは・・・。

MERU

これもドキュメント映画です。

登攀者の中に撮影のプロもいるので、臨場感抜群ですよ。

この映画を観るまで知らない名前の人たちばかりだったけど、観たらすごかったです。

世の中には、すごい人達がゴロゴロいるんですね。

解説
ヒマラヤ山脈メルー中央峰にそびえる岩壁“シャークスフィン”。この難攻不落の直登ダイレクトルートに挑んで敗れた3人の一流クライマーたちが、過去や葛藤を乗り越え、再び過酷な 大自然に立ち向かっていく姿を描いた、壮大なスケールの山岳ヒューマン・ドキュメンタリー。

春を背負って

あの駄作山岳映画「剱岳 点の記」を生み出してしまった監督が、2作目として送り出した駄作。

駄作・・・なんだけど、全体の雰囲気が悪くないので一応挙げておきます。

美しい映像は撮れる監督なので、下手にドラマティックな話じゃないほうが、いい方に出たのかもしれない。

偶然という可能性も大いにありだが。

見どころの一つ。小屋で、山岳ガイドのTさん本人が飯を食っているシーンがある。

他の登場人物が繰り広げるセリフとは無関係に、ガチ食いしているのだ。

おそらく、

「演技出来ないだろうし、とにかく飯食っててください」

などと言われて、本当に飯を食ってるだけなんだろう。微笑ましいシーンだ。

ある意味、1番自然な演技なのかもしれない。

しかしながら、この映画を観に行く人は山が好きな人が多いと思われるので、Tさんほどの有名ガイドになると、目を引きつけすぎるのだ。

文字通り

「主役を食っている」

シーンとなっている。こうご期待。

さらに、この映画のラストシーンは、驚愕の一言に尽きる。

私は空いた口が塞がらなかった。

「なぜこのシーンの『前で』終わらなかった!」

と、あなたもきっと思うだろう。

まあ、山の上の生活を、穏やかに描いた作品です。

解説
立山連峰で山小屋・菫小屋を営む厳格な父に育てられた長嶺亨。社会人になり、東京で外資系投資銀行のトレーダーとして働いていた彼は、父の死をきっかけに菫小屋を継ぐ決心をする。

アイガー北壁

「運命を分けたザイル2」で扱った遭難事故の映画。

ほぼ同じ時期に作られている。なんでだろう? あちらではブームだったのだろうか?

遭難事故のことだけを観たいなら、こちらのほうがおすすめ。

登山まで自転車旅行で行くシーンもいい感じ。

解説
ベルリン・オリンピック開幕直前の1936年夏。ナチス政府は国家の優位性を世界に誇示するため、アルプスの名峰アイガー北壁のドイツ人初登頂を強く望み、成功者にはオリンピック金メダルの授与を約束していた。山岳猟兵のトニー(ベンノ・フュルマン)とアンディ(フロリアン・ルーカス)は、難攻不落の山を次々と踏破し、優秀な登山家として知られ始めていた。2人は世間の盛り上がりに戸惑いながらも、《殺人の壁》と恐れられていたアイガー北壁への挑戦を決意する。
麓には、初登頂を目指す各国からの登山家や、世紀の瞬間を見届けようという報道関係者や見物客が集まってきていた。その中にはトニーのかつての恋人で、新聞記者をしているルイーゼ(ヨハンナ・ヴォカレク)の姿もあった。天候を待つこと数日。ある晩、トニーとアンディは北壁への登攀(とうはん)を開始する。彼らのすぐ後をオーストリア隊が追い、4人は快調に高度を上げていくが、メンバーの負傷や急な悪天候に見舞われ、彼らは想像を絶する状況へと追い込まれていく……。

エベレスト

エベレストでの大量遭難事故の映画。

以前も何度か映画化されている。

原作は、『into the wild』を書いたジョン・クラカワで、『into thin air』だ。

登場人物が多いので、本より映画のほうが理解はしやすい。

解説
1996年春、登山ガイド会社を営むロブ・ホールの率いる登頂ツアーはネパールに到着する。
ベースキャンプ(標高5,364メートル)で約1カ月間入念な準備を整えた後、頂上を目指す冒険に出発した一行は、
順調に第4キャンプ(標高7,951メートル)まで登っていく。
しかし、頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。
さらに未曾有の嵐の接近で急激に天候が悪化。
<デス・ゾーン>で散り散りになった登山家たちは、ブリザードと酸欠との過酷を極めた闘いの中で、
生き残りを賭けた能力を試されることになる…。

ビヨンド・ザ・エッジ

今ではツアーすら存在するエベレストだけど、初登頂の頃は装備も古く、それこそ世界一危険な山だった。

「登れるかどうかわからない山」と、

「登れることはわかっている山」では、

同じ山でも難易度がぜんぜん違うと、以前、山野井泰史さんが言っていた。

そのことがよくわかる映画です。

エベレストを登るために、世界中から寄せられる奇抜なアイデアも見ものです。

解説
1953年、世界最高峰の山エベレスト初登頂の快挙をイギリス遠征隊が狙っていた。
その中にはニュージーランド人のエドモンド・ヒラリーと、シェルパのテンジン・ノルゲイもいたが、第1次アタック隊には別のイギリス人登山家が選ばれ、二人は第2アタック隊に選ばれてしまう。
しかし、第1次アタック隊が体力と酸素不足により登頂を断念。エベレスト初登頂の名誉が二人に託された。

【映画フリーソロ】アレックス・オノルドを徹底調査【エルキャピタン】

2019年6月23日

ロングトレイルの映画

WILD

初めてロングトレイルへの旅に出た女性の、細かい描写が、

「登山あるある」

ですごくいい。

下のことにいくつか当てはまれば、あなたは観るべきです。

  • 水を積んだザックを背負ったとき、その重さに愕然とする。
  • テント泊の夜、ほんの小さな物音にビクつき、明かりをつけてテントの内壁を見つめる。
  • 少し歩いて後ろを振り返り「まだこんな少ししか歩いていないのか~」と迷いが生じる。
  • 誰に話すでもなくブツブツ言う。
  • 長距離を歩くときは、えてして意識が過去の思い出に飛び、「あんなことが案外いつまでも自分の心には残っているもんだ」と意外なことに気づかされる。
  • 道に迷っているのに、それを他人には知られたくない。
  • なぜか口ずさんでしまった曲が、その日はずっと頭から離れずリピートする。
  • 寝袋の中で体に触れた小さな虫の動きで、とんでもない危険生物が入り込んだと錯覚する。
  • 何かがうまくいくと、それが些細なことなのにとてつもなく嬉しく、大声をあげたくなる。
解説
スタートしてすぐに、「バカなことをした」と後悔するシェリル。
今日から一人で砂漠と山道を歩くのだが、詰め込みすぎた巨大なバックパックにふらつき、テントを張るのに何度も失敗し、コンロの燃料を間違ったせいで冷たい粥しか食べられない。この旅を思い立った時、シェリルは最低の日々を送っていた。どんなに辛い境遇でもいつも人生を楽しんでいた母の死に耐えられず、優しい夫を裏切っては薬と男に溺れていた。遂に結婚生活も破綻し、このままでは残りの人生も台無しだ。母が誇りに思ってくれた自分を取り戻すために、一から出直すと決めたのだ。
だが、この道は人生よりも厳しかった。極寒の雪山、酷暑の砂漠に行く手を阻まれ、食べ物も底をつくなど、命の危険にさらされながら、自分と向き合うシェリル。果たして彼女が、1600キロの道のりで見つけたものとは──?

星の旅人たち

ロングトレイルの映画では、現在のところ私が一番好きな映画です。

私も歩いてみたいなあ。

解説
聖地巡礼の旅、生きる歓び、新たな自分との出会いを描いた心温まる人間ドラマ。ある日、眼科医トムのもとに、思いもよらない知らせが届く。一人息子ダニエルがピレーネ山脈で嵐に巻き込まれ、不慮の死を遂げたという。息子の亡骸を引き取りにフランスとスペインの国境の町、サン=ジャンを訪れたトムは、ダニエルの遺品が詰まったリュックと亡骸を受け取り、帰国しようとするのだが、胸中で何かが動き始める…。

サン・ジャックへの道

ロングトレイルの映画って真面目なものが多いんですが、これは笑える映画です。

でも、お軽くて笑えるからこそ、ジーンとくるんだよなあ。

解説
世界遺産の聖地サンティアゴ(サン・ジャック)まで、1500kmもの巡礼路を歩いて向かう旅の中で、人々の心の触れ合いを爽やかに描き出したハートウォーミングストーリー!亡き母親の遺産を相続するため、1500kmもの巡礼路を一緒に歩くことになった険悪な3兄弟。ほかにも失読症を直して大好きな母親に喜んでもらいたい少年や、ワケありな女性など個性的な面々が同行することになるのだが…。

奇跡の2000マイル

ラクダと犬と一緒に、砂漠を横断する女性の話。

いい映画なんだけど、犬に関するあるシーンがあまりに悲しくて、2度と観れない。

好きなものはヘビーローテーションする私には珍しいことです。

解説
砂埃が舞うオーストラリア中央部の町アリス・スプリングス。
うまくいかない人生に変化を求め、家族や友だちから離れて、たったひとり都会からこの町にやってきた24歳の女性ロビン。
彼女がこの地を訪れた目的は、とてつもなく広大な西部の砂漠地帯を踏破し、インド洋を目指す冒険の旅に出ること。
町のパブで働きながら牧場でラクダの調教を学び、旅の準備を整えたロビンは、
荷物持ちとなる4頭のラクダと、いつも心の支えになってくれる愛犬を引き連れて、いよいよ町を出発。
圧倒的な大自然のなかを、自らの足でしっかりと大地を踏みしめて一歩ずつ前進していく。
やがてこの波乱に満ちた旅の道程で、ロビンは一生の宝物になるような出会いと経験を重ねていくのだった…。

ロングトレイル

ロングトレイルは若者だけの夢じゃない!

おっさんには、おっさんなりのロングトレイルがある。

登山だと登頂、トレイルだと完走が感動を呼ぶが、この作品は・・・。

観てのお楽しみということで。

ロバート・レッドフォードは、年をとっても格好いい役者さんです。

解説
旅行記のベストセラー作家ビル・ブライソン(ロバート・レッドフォード)は、家族と共にセミリタイア生活を送っている。
ありふれた日常が続き、「なんだか物足りない…」と感じていた彼は、家の近くを通る3,500kmの自然歩道「アパラチアン・トレイル」の踏破を決意。
旅のパートナーを募る中、やってきたのは破天荒すぎる旧友スティーヴン・カッツ(ニック・ノルティ)。
期待と不安を胸に出発した二人に、大自然の脅威と体力の衰えという現実が立ちはだかる。
波乱の冒険は、やがて、思いがけない“心の旅”へと進路を変えていく…。

アウトドア&旅の映画

INTO THE WILD

映画も原作も大好きで、以前、別の記事を書いてるのでそちらもどうぞ。

『INTO THE WILD』(荒野へ)でクリス・マッカンドレスの笑顔を知ってほしい

2018年11月14日
解説
1992年アメリカ最北部、アラスカの荒野でクリストファーという若者の死体が発見された。裕福な家庭に育った優等生の彼が、なぜ全てを捨てて旅立ち、2年間の放浪の果てにアラスカで最期を迎えたのか。
ジャーナリストで登山家のジョン・クラカワーはこの出来事を綿密に取材し、ノンフィクション「荒野へ(原題:Into The Wild)」を発表、一躍ベストセラーとなった。この「荒野へ」に激しく心揺さぶられたショーン・ペンが10年近くをかけて映画化権を獲得。実力派のスタッフ&キャストが結集し、ついに本作「イントゥ・ザ・ワイルド」が完成した。理想と現実のギャップに悩み、全てを捨てて真実を追い求めた主人公の姿は、見る者すべてに衝撃を与える。
旅の終わりに彼が知った“真実の幸福”とは・・?

127時間

あなたは主人公が最後にやったことを、実行できますか?

私には無理かもしれません。

この映画をみれば、登山での忘れ物が減るかもよ?

こういう舞台が溢れているのがアメリカなのか。

バックカントリーの先進国はやはり違うなとも思います。

解説
誰にでも、人生のターニング・ポイントは必ずやってくる。アーロン・ラルストンの場合、それは自分の庭のように慣れ親しんだユタ州、ブルー・ジョン・キャニオンでの出来事だった。
金曜の夜、いつものように一人で、ロッククライミングを楽しむため、ブルー・ジョン・キャニオンに向け出発した。だが、運命の瞬間が彼に襲いかかる。落石に右腕を挟まれ、谷底から一歩も動けなくなったのだ。助けを求める叫び声は無人の荒野にむなしく呑み込まれ、持てる知恵と経験を総動員して岩を撤去しようとするが、ピクリとも動かない。
死を目前にして初めて自分の人生と向き合うアーロン。自分勝手に生き、決して心を開かなかった両親にも、友人にも、恋人にも――。
衰弱した身体を引き裂くように襲いかかる後悔、そして湧き上がる命への情熱。生きたい。生き直したい――!
そして生命の限界を超えた127時間後、遂に彼は〈決断〉する――。

僕たちのバイシクルロード

自転車で世界を旅するお話。

ラスト、パンクに関する言葉にクスリときます。

ほんまかいなー?

解説
2005年4月6日、大学を卒業したばかりの従兄弟ジェイミー・マッケンジー(当時27歳)とベン・ウィルソン(当時25歳)は、
イギリスのブルックファームを旅立ち、英仏海峡フェリーに乗ってフランスに向かった。それは、飛行機に乗らずに自転車
だけで7大陸を走破するという3年に及ぶ壮大な旅のはじまりだった。彼らは長距離旅行をした経験もなければ、ガイドブックも、
さしたる大金も持っていなかった。だが、彼らは世界中を心ゆくまで見てみたいという好奇心と、何かを成し遂げたいと湧き上がる冒険心、
そして今しか出来ないという焦燥感に突き動かされ、大きな夢を実現させようとしていた…。

君がくれたグッドライフ

気軽に観たのに、こんな話だとは思いもしなかった。

賛否両論あるだろうが、私は本人の気持ちも、仲間たちの気持ちも、わかるような気がするな。

解説
年に1度、6人の仲間たちで行く自転車旅でベルギーを目指すこととなる。スタート翌日、ハンネスの実家に寄った仲間たちに衝撃が襲う。医者に余命僅かと宣告されたハンネスは尊厳死を迎える為に、ベルギーを目指していたのだ。真実を知り落ち込む仲間たちだが、彼の願いを叶えるべく旅行継続を決意する…。尊厳死をテーマにした感動ドラマ作品。

ストレイトストーリー

時速8kmのトラクターに乗って、どこまで行くのよ!

最近、こういう、お年寄りを題材にした夢あふれる映画が多いような気がします。

夢や旅に年齢って関係ないんだな。

兄弟の再会にもホロリ。

解説
73歳のガンコな老人・アルヴィンは、長く仲違いをしていた兄に会うため、時速8kmのトラクターに乗って旅に出る。

ネブラスカ

家族で旅をする話です。

私たちは、自分の親のことって、案外知りませんよね。

知ってもらっているばかりで。

お母さんが、幼馴染のお墓に対してやることが最高です。

“モンタナ州のウディ・グラント様 我々は貴殿に100万ドルをお支払い致します”
誰が見ても古典的でインチキな手紙をすっかり信じてしまったウディは、ネブラスカまで歩いてでも賞金を取りに行くと言ってきかない。
大酒飲みで頑固なウディとは距離を置く息子のデイビッドだったが、そんな父親を見兼ね、骨折り損だと分かりながらも彼を車に乗せて、4州にわたる旅へ出る。
途中に立ち寄ったウディの故郷で、デイビッドは想像もしなかった両親の過去と出会うのだが―。

私がおすすめする、登山に関する本のおすすめ記事はこちらです。

よかったらどうぞ。

【定番&マイナー】私が愛読しているおすすめの登山本

2018年12月25日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応