エバニューのウォーターキャリー【プラティパスより優れもの】




こんにちは、寝袋!です。

登山、とくにテント泊をする場合に、水を入れるための容器が必要です。

ペットボトルなどで代用することも可能ですが、やはり便利なのが「袋型水筒」です。

『プラティパス』が有名で、超定番商品ですよね。

今回は、

「プラティパスにこだわらなくても、こっちのほうがいいんじゃない?」

というものを紹介します。

エバニューのウォーターキャリー

です。

「こっちを選ばない理由がない」

と私は思っていますので、詳しく説明したいと思います。

登山用水筒といえば・・・

超定番プラティパス

アメリカ生まれの『プラティパス』は、登山で使う水筒として、超のつく有名商品かつ定番商品です。

いろいろな大きさ、形状が販売されていて、信頼できるアイテムです。

何も考えず、プラティパスを使っていて、なにも問題はありません。

エバニューのウォーターキャリーの特徴

では、似たような代用品は、プラティパスより劣っているのでしょうか?

100円ショップなどの安価なものは、使わないほうがいいです。

「もしも、漏れたり破損したら命取り」

という道具ですから、同じように見えても、信頼性は不安があります。

正直、私は試す勇気がありません。

しかし、登山用品を広く手がける日本の会社「エバニュー」が販売しているものは、プラティパスと同じように信頼できます。

私はプラティパスと両方使っていますが、使用感、耐久性ともに、ほとんど変わりません。

「むしろ、こっちのほうがいいんじゃないか?」

とさえ感じます。

エバニューのウォーターキャリー

ほんの些細な違いですが、そういう細かい気遣いが、使い勝手に影響するものですからね。

丸めたときに便利なゴム

エバニューのウォーターキャリーには、口の部分にオレンジ色のゴムが付いています。

クルクルと小さく収納したときに、まとめておくためのものです。

たかがゴム、されどゴムです。

フタを失くさない

また、フタが、本体とつながっていて、失くさないようになっているのも、いかにも日本製品らしい気遣いです。

プラティパスのフタを、失くしそうになった人、失くしてしまった人、きっといらっしゃるでしょう。

上の方の写真を見ればわかりますが、なぜかプラティパスのフタはすべて白色です。

「目立つ色にしてくれればいいのに」

と思います。

ペットボトルのフタ、使えます

さらに、もしフタを失くしたとしても、エバニューのウォーターキャリーには、

ペットボトルのフタが使えます。

プラティパスは、一見合いそうに見えますが、ボトルのネジピッチが違うので、ゆるんでしまいます。

プラティパスとの比較

違いを表にまとめてみました。

プラティパス エバニュー
まとめるゴム なし 付属
フタ 本体と離れる 本体と連結
ペットボトルのフタ 使えない 使える
値段(2リットル、参考) 1,489円 808円

ほんの些細な違いです。

でも、少しずつエバニューのほうが優れていると思いませんか?

選ばない理由がない

私が使ってきて、両者の間に耐久性の違いは感じません。

Amazonなどのレビューを見ても、差はないように思えます。

プラティパスという、ブランド力に信頼を置くのも1つの選択です。

でも、盲目的に選ぶのではなくて、

「ちょっと比較してみてはいかがですか?」

と思って記事を書きました。

どうぞ、両方のレビューを一度チェックしてみてください。






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応