【効果絶大】インフルエンザの高熱発汗VSドライレイヤー




こんにちは、寝袋!です。

私事ですが、数日間、風邪(インフルエンザ)をこじらせて寝ていました。

久しぶりに39℃を越える熱が出て、数日間、つらい思いをしました。

そんなベッドの中で、思いつきでドライレイヤーを着てみたのです。

少しでも楽になりたいとの一心で、ダメ元のつもりでした。

すると・・・案外いい思いつきだったようです。

登山者が高熱で寝込むとき、ドライレイヤーを着ない手はない!

怪我の功名ではないですが、思わぬ発見でした。

インフルエンザは突然高熱になります

ご存知の通り、インフルエンザは感染力の強いウイルス性感染症です。

高熱や悪寒、筋肉痛や鼻水などが襲ってきます。

私も、

「あ、なんだか体調悪いな・・・」

と思った夜には、すでに39℃を超えていました。

寒気と発汗とのせめぎ合い

部屋を暖かくしていても、ゾクゾクと寒気が襲ってきます。

布団に入っても、なかなか震えがとれません。

それでも我慢してじっとしていると、今度は熱さを感じるようになって、ひどく発汗します。

全身ビッショリになります。

そしてこんどはまた、寒気が襲ってくるので、濡れた肌着を着替えて、汗が冷えるのを防ぐ必要があるのです。

ドライレイヤー着てみました

熱にうなされたからなのかわかりませんが、

「これっていわゆる汗冷えみたいなものだから、ドライレイヤー着てみたらどうだろう?」

と、ふと思ったのです。

楽になれる可能性があるなら、なんでもやってみようと思っていました。

ついでに、ドライレイヤーの上には、ベースレイヤー(パタゴニアキャプリーン)を着込みました。

登山者の知恵と道具で、インフルエンザに対抗してみます。

汗が戻ってこないので、寒気が弱まった

これが結果的には大成功でした。

汗がどんどん出てくるのですが、肌が濡れている感じがしないのです。

そうなると、汗が冷えて体温が奪われないので、ゾクゾクしなくなりました。

肌が濡れないので気持ちもいい

また、肌がサラリとしたままですから、気持ち悪くないのです。

「うおお、汗が出てる出てる!」

と感じつつ、布団の中で身動きしないで我慢していても、不快じゃないので、寝返りや布団を跳ねのけることが減りました。

さらに出てくる汗、汗、汗。

補足
私は子供の頃から、熱が出たら、とにかく汗を出して出しまくれば治ると、言われ続けてきました。

医学的にはどうなのかわかりませんが・・・。

途中で1日、熱が下がった日もあったのですが、たっぷり3日間、高熱と戦い、ようやく今日復活しました。

あらためてドライレイヤーのすごさを実感

今回の感想をまとめます。

あらためて、ドライレイヤーのすごさを実感しました。

登山中にドライレイヤーの性能を実感するのは、

「あれ? そういえば今日は汗冷えしなかったなあ」

という感じです。

汗冷えしなかった⇒効いてるんだな!

という、間接的な実感しかないのですよ。

「このダウン、すごく暖かい!」

などと、直接的にわかるものではないのです。

それが今回、思いもかけず発汗実験のようなことになって、直接的に肌で感じることができました。

ベッドで目を閉じ、じーっと肌に精神を集中しました。

汗が出てきているのを感じ、布団の中が湿気てくるのを、我慢して身動きしないでいるのです。

すると、汗はどんどん出ているのに、肌が不快じゃないのですよ。

肌がサラリと保たれるので、時々我慢できなくて布団を跳ねのけたときでも、汗冷えでゾクゾクしません。

ドライレイヤーってすごい!

登山よりインフルエンザで実感することになろうとは、思いもしませんでした。

登山者の皆さん、ぜひ高熱を出された際には、ドライレイヤー(&ベースレイヤー)をお試しあれ。

【汗冷え対策】おすすめのメッシュドライレイヤー ミレー&ファイントラック

2019年1月1日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応