登山での出会いっていいですよね!【同性編】




こんにちは、寝袋!です。

山を愛する人間として、

「山での出会いって、いいものだよな」

と感じます。

私は山に登っているときは、あまり他人と積極的に話すほうではありません。

ですが、ふとしたタイミングで会話を交わすと、後々まで思い出に残る、良い出会いになることが多いです。

価値観が似ている人が多いから?

苦労してその場所にたどり着いた者同士の仲間意識?

私自身の経験のなかから、今でも忘れられない出会いを、

【異性編】と【同性編】

にわけて、いくつか紹介します。

今回は【同性編】読み物として気楽に読んで、楽しんでいただければ嬉しいです。

花の名前を教えてくれた人

ホソバウルップソウ

私は、高山植物は好きで、山で見かけたお花はじっくり眺めますし、癒やされています。

でも、メジャーな花は名前もわかるけど、姿と名前が一致しないものも、たくさんあります。

写真に撮ってきて、家に帰ってから調べることが多くて、登山の楽しみの1つにしています。

しかし、たまたまその場所に、花に詳しい人がいて教えてくれたりすると、やっぱり名前も覚えやすいですし、印象に残ります。

そして、その花と人が、セットになって記憶に残るんですよね。

ジムカデ

例えば、ジムカデを教えてくれた人は、ジムカデの人。

ホソバウルップソウを教えてくれた人は、ホソバウルップソウの人。

という感じです。

違う機会に、その花を見つけるたびに、その人たちのことを思い出します。

昔、作家の川端康成が、

「別れる男に、花の名を一つは教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます」

と書きました。

少し意味は違うかもしれませんが、たしかに花と人って結びつくものなんです。

私の場合は、今のところ同性の人ばかりに教えてもらっています。

道に迷ったら一生の友が

3人組の女性グループと話す機会がありました。

「どちらからですか?」

と聞くと、2人は東京からで、1人は群馬からでした。

もともと同郷なのかな?と思ったのですが、じつは違いました。

昔、群馬の1人が、ある低い山に入って、登り始めたそうです。

低山ならではの、いくつかの登山ルートが入り乱れる山だったらしく、山頂に向かっているつもりが、迷って違う登山口に降りてしまったのでした。

すると前から、これから登ろうという東京の2人が歩いてきたそうです。

「あれ? もう降りてきたんですか?」

と声を掛けると「どうやら間違ってしまった」と返事が返ってきたのです。

「じゃあ、これから3人で登ります?」

ということになり、一緒にその山を登って、楽しんだということでした。

「それからもう、10年以上かな? その時の山が楽しくて、ずっと一緒に登っているんですよ」

道に迷ったら、その先に友達になるべき人がいた・・・

そういうお話でした。

山小屋での出会い(姉妹のような)

これは、北海道日高山脈の山を登りに来た、女性2人組の話です。

40代と20代の年の差で、興味が湧きました。

「お二人はどういう関係なんですか?」

と聞くと、面白い答えが帰ってきました。

20代のほうが、

「北アルプスの山小屋で泊まったときに、たまたま同室になったんです。

とても頼りになりそうな人だったので、一緒に山頂に登って、それ以来一緒に登っています」

と言いました。

すると、40代のほうの女性が、

「なんか頼りない感じの子だったから、私が付いていてあげないといけない感じがしてね(笑)」

と続けておっしゃいました。

傍から見ていると、たしかに40代のほうが姉御肌でグイグイ引っ張っていく感じです。

ですが、登山に関しては、どうも20代のほうがしっかりしているのです。

「じつは逆なのでは・・・?」

と思ったのですが、本人たちにしてみれば、そうじゃないみたい。

グイグイいくけどちょっとお間抜けな人と、不安がるけどしっかりしている人。

お互いに補完しあっている感じなんでしょうか。

どこでそういう相棒にめぐり逢うか、わからないものだなと思って見ていました。

同性編まとめ

私は、皆さんと同じように、山でいろいろな出会いを経験します。

加えて、ペンションに泊まりに来た登山者たちを通して、とても多くの登山者と知り合います。

出会いという面では、恵まれた環境にあると思っています。

世の中にはいろいろな人がいますが、山で出会う人とは、濃厚な付き合いになることが多いと感じます。

登山の楽しみの、大きな一面かもしれません。

これからも、随時追加更新していきますので、どうぞお楽しみに。

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。

スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。