パタゴニアのビーニーキャップはどこか違うの?




こんにちは、寝袋!です。

パタゴニアは、高品質なアウトドアウェアで定評あるブランドです。

私も登山用ウェアはもちろん、ジョギングウェアから普段着、室内着まで、気に入ったものを愛用しています。

その中で、冬に使うビーニーキャップもパタゴニアのものを使っています。

「性能とか関係ないと思うけど、どうしてパタゴニア?」

「デザインとかですか?」

その疑問について、私の感想をお話しましょう。

べた褒めはしませんよ。

正直な感想ですので、参考になれば幸いです。

性能は求められないビーニーキャップ

そもそもビーニーキャップって?

そもそもビーニーキャップってどういうものなのか簡単に説明しておきます。

いわゆるニット帽ですが、ビーニーキャップとワッチキャップに大きく分けられます。

もともと 現在
ビーニーキャップ 折返しがないタイプ

とくに区別はなし
ワッチキャップ 折返しがあるタイプ

パタゴニアでは、現在の区分で、すべてビーニーと読んでいます。

センスの良い人は上手に使いこなすのでしょうが、私などが折返しのあるタイプをかぶると、

「田舎で農作業している人」

という雰囲気になります。

折返しがあるぶん、やぼったくてボテッとした印象になるんです。

折返しのないタイプは、スッキリとスリムな印象になりますので、人を選ばないと思います。

性能なんて関係ない

ちなみに、私は帽子のタイプによる違い(ハット、キャップ、ビーニー)による差はあっても、ブランドによってとくに性能の差があるとは思えません。

パタゴニアだから、モンベルだから、アークテリクスだから、そんな違いはないと思っています。

私はデザインで選びました

私は、単純にデザインで選びました。

パタゴニアには数種類のビーニーがありますし、カラーリングも多いです。

ちょうどビーニーを探しているときに、気に入ったものがあったので、それ以来、ずっと使っています。

使ってみてよかったところ

それでは、実際に(2つ併用、5冬)ほど使ってみてのわたしの感想を書いています。

大きめの顔でもスッキリ

私は折返しのないタイプを使っていますが、シンプルでとても格好良いです。

私は顔が大きい方ですが、スリムに見えます。

数年経っても広がらない

パタゴニアのビーニーは、さすがというか、安物と違ってヘタってこない印象です。

最初のままのフィット感で、適度な締めつけ感が残っています。

ダメなものって、使っているうちにすそが緩んできて、フィット感が変わってきますからね。

内側には折返しが

外から見るとこのあたりまで

これは、外からは折返しがないように見えて、じつは内側には折返しで2重になっているからかなと思います。

上の写真の黒い部分です。

それでいて、外からはスリムな形状のままなのが、

「うん、さすが。こういうところが違うよね」

と感じます。

かゆくない

このビーニーはポリエステル100%なので、チクチクもしませんし、かゆくもありません。

かゆくならないのは、蒸れにくいからでしょうか。

ちなみに私はこのタイプばかりですが、ウールを混ぜたタイプでも、パタゴニアのものはチクチクしないとレビューされています。

悪かったところ

悪いところは、ずばり値段が高いところです。

定価ですと5,500円もします。

私は過去に買ったものは、すべて公式サイトのアウトレットで買っています。

シーズンオフに、来年のために必要なら買い足す感じです。

性能・機能が古くならない、ただのビーニーですから、それで充分と思っています。

センスなくてもおしゃれに

私は顔が大きめなので、下手に選んでしまうと、さらに顔が大きく野暮ったく見えてしまいます。

センスが無いので、

「これなら似合うかな?」

と思って選ぶと、逆に似合わないことが多いのです(笑)

そういう点で、パタゴニアのビーニーキャップは、

  • 顔が小さく見える
  • シンプルでスリム
  • カラフルなのに人を選ばない

ので、私にはピッタリなんです。

定番なので、何年たっても、古くさくならないのもいいところ。

以上、パタゴニアのビーニーの感想でした。

ちょっとお高いものの、使いやすくてヘタらないですから、長く愛用できます。

私は普段使いも山登りも、冬はいつもかぶってます。

おすすめですよ。

ビーニーキャップ

写真をクリックすると、公式サイトで詳しい解説やレビュー、カラーバリエーションが見れます。

ビーニー・ハット極上のバックカントリースキーでは頭を温かく保ち、スキーのあとにバーまでブラブラ歩いて行くのにもおしゃれな年中使える帽子です。すっきりとしたデザインとリサイクル・ポリエステル100%素材によりフードやヘルメットの下に容易にフィットするビーニーは、頂上尾根に向かうときはもちろん、早朝のボルダリングでのウォーミングアップにも重宝します。細かい編み目のニットはかさばらず軽量でコンパクトに収納でき、風の中で1日中かぶってもかゆくなりません。

ブロデオビーニー

写真をクリックすると、公式サイトで詳しい解説やレビュー、カラーバリエーションが見れます。






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。