【高山植物の宝庫】アポイ岳の登り方【初心者でも気軽にお花見山登り】




こんにちは、寝袋!です。

北海道の日高地方には「高山植物の宝庫」と呼ばれる山があります。

その名はアポイ岳

標高はたったの800mほどで低い山なのですが、本州なら2,000m以上でしか出会えないようなお花が咲いています。

また、

「アポイ岳にしか咲かない」

という、固有種がとても多い山です。

子供でも気軽に登れるこの山のことを、詳しくご紹介したいと思います。

アポイ岳のプロフィール

  • 標高810m(登山口からの標高差740m)
  • 世界ジオパークに認定されています

アポイ岳の場所は?

国道の大きな看板が入り口

北海道の日高地方、襟裳岬の北西にあります。

千歳空港から、約150km(車で3時間)です。

登山口には「アポイ岳ビジターセンター」があります。

どうして高山植物が咲くの?

アポイ岳のある日高地方は、北海道の中でも夏に涼しい地方です。

真夏でも25℃前後の気温しかありません。

また、強風で知られる襟裳岬(えりもみさき)からの風や霧で、冷涼な気候となります。

そのため、標高810mしかないのに、高山植物が咲くのです。

どうして固有種が多いの?

アポイ岳は、地下深くのマグマが、地殻変動で押し上げられて出来た山です。

アポイ岳には「かんらん岩(がん)」という、珍しい岩石が多いです。

このかんらん岩は、

「植物の成長を邪魔する」

という一面を持っていて、そこでは植物は育ちにくいのです。

そんなアポイ岳で育つ植物は、特殊な環境にあわせて変化して生きています。

そのために、アポイ岳には「アポイ岳にしか咲かない花」が多いのです。

登ってみよう【ルート説明】

アポイジオパークHPより

所要時間
登山口~5合目避難小屋 80分
5合目避難小屋~山頂 90分
下山 100分~120分
アポイ岳の登り方ヒント
登山道もずっと歩きやすく、初心者の足でも2時間30分ほどで頂上に立てます。

しかし、お花を見ながらノンビリ歩くことが多くなりますので、時間に余裕を持つとより楽しめます。

登山者によっては、

「お花を見ることに集中して、時間が来たら引き返す」

という楽しみ方をする人もいらっしゃいます。お花最優先?

アポイ岳ビジターセンター

登山口は、ここ「アポイ岳ビジターセンター」の横にあります。

駐車場はたくさんあります。

序盤はなだらかな道を

入山ボックスに記帳したら、しばらくは砂利道を歩いていきます。

そのうち、なだらかな森の中を歩く登山道になります。

登山口からすぐに、お花がたくさん咲いていますよ。

三合目

ルートはとてもわかりやすくて、迷う心配はありません。

また、アポイ岳は春から秋まで人が絶えることがない人気の山ですので、安心です。

五合目にある避難小屋までは、ずっとなだらかな登山道が続きます。

そして、避難小屋から7合目までは、しばらく急登して稜線を目指していきます。

五合目までの「森歩き」とは違って、展望が開けて山頂が見えてきます。

様似(さまに)市街地方面

麓の町、様似町の市街地が見えます。

海から近くてさえぎるものがないので、景色が良くて気持ちがいいですよ。

稜線に出ると山頂が

7合目付近は「馬の背」と呼ばれ、とても展望がよい場所です。

なだらかな稜線歩きが楽しめ、それから最後に少し登って山頂です。

5合目から上は「ハイマツ帯」なのですが、山頂付近はダケカンバが生えています。

「植生の逆転現象」

も、アポイ岳の特徴の1つです。

山頂直下から馬の背を見下ろす

山頂は広いですが、展望がよくないので、馬の背の展望台まで降りてから大休憩をする人も多いです。(おすすめ)

アポイ岳の花々

アポイ岳では、4月上旬から10月上旬まで、長い期間に渡ってかわるがわる、お花が咲きます。

アポイ、サマニ、ヒダカなど、この地方独特の冠が付く名前がたくさんありますよ。

とくに、ヒダカソウはアポイ岳にしかなく、しかも見れる年と見れない年があるくらい、たいへん貴重です。

どの花もきれいで可愛いですね。

超貴重なヒダカソウ

アポイアズマギク

アポイクワガタ

エゾオオサクラソウ

サマニユキワリ

ヒメイチゲ

ショウジョウバカマ

エゾムラサキツツジ

固有の蝶ヒメチャマダラセセリ

お花ももちろんですが、秋には小さなキノコたちも目を楽しませてくれます。

いつ登っても飽きない山です。

ニホンザリガニもいます

第4休憩所で小さな沢を橋で渡るのですが、その沢は年中凍ることがありません。

そして、そこは、絶滅危惧種のニホンザリガニの生息地でもあります。

夏場にのぞきこむと、小さな姿を見ることが出来ますよ。

おすすめ宿泊施設

アポイ山荘

アポイ岳は比較的短時間で登れる山ですので、少し離れたところ(苫小牧方面、えりも方面)からでもアクセスは簡単です。

北海道では、日高地方のどこからでも、日帰り登山を楽しまれている山です。

様似町
なんといっても便利なのが、登山口からすぐにあるアポイ山荘です。

山荘という名前ですが、一般的な温泉ホテルです。

日帰り入浴もOKです。

新冠町
「山登り」という観点でいうと、こちらは幌尻岳はじめ日高地方の登山の案内も詳しく、アドバイスや情報がもらえます。

苫小牧、千歳方面への前後に。

えりも
アポイ岳登山前後、襟裳岬方面への観光もオススメです。

登る前に

アポイ岳ビジターセンター

登山口でもある「アポイ岳ビジターセンター」は、ぜひとも立ち寄っていただきたい場所です。

30分ほどアポイ岳のことを勉強すると、アポイ岳をより深く楽しめます。

おすすめ図書

最後に

アポイ岳は標高の低い山ですが、お花を目当てに日本中から登山者が訪れる、人気の山です。

登山者だけではなく、地元では小学生の体験学習でも訪れます。

お手軽に登れますし、季節を変えて、何度も楽しんでいただけたらと思います。

アポイ岳を満喫するためのワンポイント

アポイ岳は、かんたんに登れる山ですが、ルートや楽しみ方を工夫すると、もっと深く満喫することができます。

私がオススメする秘訣を紹介しています。

【幻の花ヒダカソウに会える方法】アポイ岳のおすすめなルート選び

2019年5月15日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応