小さいチェストバッグをお探しならパーゴスイング【コンデジとスマホ】




こんにちは、寝袋!です。

あなたは山登りの時、ザック以外にどんな入れ物を使っていますか?

ザックに物を入れるのは基本ですが、

「ザックの中に入れると、こまめに取り出すのが面倒」

ですよね。

そういう時に便利なのが、ウエストポーチ(腰に巻く)やチェストバッグ(胸前に付ける)やサコッシュ(肩に掛ける)です。

私は動きやすさを重視して、チェストバッグばかり3種類愛用しています。

そのなかで一番小さくて、

「小さなカメラやスマホやお菓子だけ入れられればそれでいい」

という時に使っているのが、パーゴ(paago)のスイングというモデルです。

「あまり大きなものだと、スペースが余るうえに、邪魔になる」

と思ってる人、きっと探してるものはこれです。

パーゴスイングを買った理由

入れるものの大きさに応じて変えてます

私はチェストバッグを使い始めた時、

「おおっこれはいい!これがあればバッチリ」

と感動しました。

でも、やっぱり「いつでもどこでも完璧」などという道具はないもので、買い足していくことになりました。

念の為に書きますが、買い替えではありません。

その時に持っていくもの、入れるものに応じて、使い分けることが大切だと思い知ったのでした。

一眼を持っていくなら違うもの

入らな~い

デジタル一眼カメラを持っていく場合は、私は違うものを使っています。

それについては以前、

パーゴ パスファインダー

ロープロ トップローダー

で詳しくご紹介しました。

デジタル一眼カメラのように、大きくてかさばるものを入れるのには、パーゴスイングは向いていません。

コンデジとスマホ程度が入ればいい

コンデジ、GPS、スマホ、お菓子など

「花を見つけたけど、デジカメをザックから出すのは面倒だからいいや」

「行動食は、ザック下ろさずに歩きながらでも食べたいよね」

「地図は何度も見るから、出しやすいところに・・・」

そう思っている人には、パーゴスイングはちょうどよい大きさでしょう。

「ザックを下ろすのは、雨が降ってレインウェアを着るときか、頂上でご飯食べる時」

にすることが出来ます。

パーゴチェストバッグの比較

さて、ここでパーゴ(paago)というメーカーについて簡単に説明します。

パーゴは、アウトドアにおける入れ物(ザック、ポーチ、バッグなど)を専門メーカーです。

現場で実践的に役立つアイデアが特徴で、

「ああ、こういうところ、わかってるなあ」

と感心します。

パーゴが作っているチェストバッグだけを、まとめて表にしてみます。

名称 重さ ひとこと
パスファインダー 290g 細かいものがたくさん入るオールマイティ
フォーカス 350g デジタル一眼を入れたいならこれ
スイングL 175g シンプル・イズ・ベスト(中型カメラにも対応)
スイングM 140g シンプル・イズ・ベスト

スイングは、

  • パスファインダーのような、たくさんのポケットや仕切りを省き
  • フォーカスのような、カメラ保護のためのクッションを省き

という、まさにシンプル・イズ・ベストなモデルです。

「そうそう、複雑なものもいいけど、簡単なものでいいんだよ!」

という人向けです。

パーゴスイングの使い方

それでは見ていきましょう

では、ここからは実際に、パーゴスイングの詳細を写真で見ていきましょう。

写真は小さい方(スイングM)です。

メイン気室

ベルクロをバリバリっと剥がしてフタを上に開けると、メイン気室です。

これはやや大きめサイズのコンデジですが・・・

GPSとコンデジを入れるとこんな感じです

私はおもに、コンデジとGPSとスマホとお菓子を入れて歩いています。

水筒とコンデジ

ザックを下ろして周辺を散策する時には、小さな水筒を入れる時もあります。

メイン気室の前にはジッパー付きのポケット

メイン気室の前のジッパーを開けると、薄いポケットがあります。

ポケットの中のキーチェーン

ポケットの中には、キーチェーンが付いています。

車のキーなど、絶対に落としたくないものを付けますが、これがあるとないとでは、安心感が違います。

パーゴは全てのモデルに付いていますよ。

大きめのスマホでも入ります

私はスマホや地図を入れてます。

メイン気室の上部にジッパー

メイン気室の上部にはジッパーがありまして、そこを開けると・・・

背面側(体側)の薄いポケット

背面側の薄いポケットです。

つまり、メイン気室の両側(内と外)に薄めのポケットがあるということですね。

さらに最背面に一時収納用ポケット

そしてさらに、一番背面には、ジッパーなしの収納スペースがあります。

ここは、ビニールゴミなどを入れるのにベストです。

キャンディの包み紙、おにぎりの包装とかですね。

フタはないので落とし物には注意して下さい。

ジッパーはすべて止水ファスナーです

スイングのジッパーは、すべて止水ファスナーです。

止水ファスナーとは、閉めた時にピッタリと隙間がおおわれて、水を通しにくいファスナーのことです。

バッグの素材もかなり防水性がありますので、小雨程度ならば安心です。

パーゴの防水性

スイングとフォーカスの特徴として、ある程度の防水性があげられます。パスファインダーはレインカバーで対応します。

バックルでワンタッチで付け外しOK

パーゴの製品は、すべてバックルでザックにワンタッチで付け外しが可能です。

こういう感じです

右のパーツをザックのショルダーベルトにつけておきます。

オスメスになっているのがわかりますか?

同梱のベルトを使うとショルダーバッグに

これはとても便利で、

  • 同梱されているベルトを使えば、ショルダーバッグやウエストバッグになる
  • ザックに付けるパーツを複数買えば、どのザックにも付け外し可能になる

という素晴らしいアイデアです。

下山後にはショルダーバッグに変えて、財布とカメラを入れて散策にも使ってます。

パーゴスイングの注意点

一眼はマイクロフォーサーズでもダメ

初めに、チェストバッグは使い分けが大切と書きました。

スイングの弱点はどこでしょうか?

大きなカメラはダメ

デジタル一眼は、ミラーレスでもダメです。

一応スイングの大きい方(L)は、別売りのカメラ用クッションを入れて使うこともできますが、

「それなら最初からフォーカスのほうがいいよね」

となります。

完全防水ではありません

スイングは防水性に考慮されていまして、小雨程度では中まで濡れることはありません。

私の感想としては「充分、充分。なかなかやるじゃない」と思っていますが、濡れて困るようなものは気をつける必要があります。

防水性の高い素材ということは、

中に水が入ると溜まってしまう

という弱点にもなりますからね。

チェストバッグは使い分けが大切です

チェストバッグは使い分けてこそ生きるのです

パーゴのスイング、どうでしたか?

  • デジタル一眼は持っていかない
  • 細かいものと言ったって、そんなに多くはない
  • 大きすぎると歩くのに邪魔

という人なら、

「あ、これこれ。こういうの探してたんだよ」

と感じたのではないでしょうか?

チェストバッグは使い分けが「キモ」です。

どれがベストというものはありません。

私は持っていくカメラ、日帰りか縦走かで3種類使い分けています。

どれも、そのときの山登りにはベストだと思ってチョイスしています。

あなたが探しているものが、小さなチェストバッグだったら、スイングは答えかもしれませんね。

ザックの上げ下ろしは登山者には面倒なものです。

ザックを下ろすのは、山頂だけ。

つらいことをしに行くのに、楽をしたい登山者に幸あれ。

私が実際に使っているオススメ登山道具レビューのまとめ

2018年12月18日

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。