登山カメラにはオリンパスOM-D(E-M1or5)が最適【軽量・防滴】




こんにちは、寝袋!です。

登山に持って行くカメラ機材、悩む人は多いと思います。

「あまり大きなものは嫌だけど、画質も求めたい」

「雨のことを考えると、防滴性能は欲しい」

「いろんな物を撮れるように、レンズも数本持っていきたい」

カメラという趣味自体、答えのないドロ沼の世界なのに、その舞台が「登山」となると、いよいよわけがわからなくなってきます。

私も同じように悩んで、何度も何度もカメラを買い替えてきました。

しかし、ようやく私なりの答えが出ました。

オリンパスのOMーDシリーズ(E-M10はのぞく)を買っておけば間違いない!

ということです。

私が使っているのは、2013年10月に発売(現在2019年1月)されたOM-D E-M1です。

もう6年目になります。まだまだ不満なく使えそうです。

私が、登山に持っていくのに最適と考え、愛用している理由など、書いていきます。

私の登山用カメラ遍歴

まずは、私が買い替えてきたカメラの遍歴をご覧ください。

メーカー 機種 素子 買い替えた理由
1 キャノン Powershot 720 ? もっと画質をよく
2 キャノン Powershot G9 ? コンデジでは限界
3 キャノン 5D markⅡ フル デカくて重い
4 ペンタックス K-5 APS もう少し軽量に
5 オリンパス OM-D E-M5 MF ファインダーをよく
6 オリンパス OM-D E-M1 MFT 現在も愛用中
7 富士フィルム X70 APS 現在も愛用中

(MFT・・・マイクロフォーサーズ)
(X70は、旅行用に買い足したコンデジです)

最初は、その辺に転がっていたコンデジを使っていたものの、

「せっかくなら、いい風景を、ちゃんとした画質で撮りたい」

と思いました。そこで、下手なのに当時のハイアマチュア機である、キャノンの5DmarkⅡを買いました。

「うわっ、さすがフルサイズは違う!」

と大喜びしていました。それが、どんどんその重さと大きさが、邪魔になってきたのです。

APS-Cなど、もっと小さい映像素子のカメラでも、自分より素晴らしい写真を撮っている人が大勢いる。

「腕の悪い自分には、もっと小さいカメラで十分だな」

と、そこから小型化への道が始まりました。

ペンタックスのK-5は素晴らしいカメラで、小さいながら画質もよく、さらに登山では安心な防塵防滴性能でした。

正直不満はなかったのですが、ちょうどオリンパスの新型シリーズ(E-M5)が発売されるのを、雑誌で知ってしまったのです。

衝動的に、OM-D E-M5を買ってしまいました。

さらに、それからしばらくして、フラッグシップ機として、OM-D E-M1が発売されたのでした。

すっかりオリンパスのカメラに惚れ込んでいた私は、発売と同時に手に入れたのでした。

とまあ、私の遍歴を書いてきましたが、きっと、同じようなことを、たくさんの(写真好き)登山者さんも経験してきていますよね。

みんな、考えることって同じだと思います。

格好いい(私感)

OM-Dシリーズが登山に向いている理由

私が使用しているのは、旧型のE-M1ですが、現在はE-M1markⅡ、E-M5markⅡ、さらには今度E-M1Xなる新型も発売されました。

ここでは、OM-Dシリーズ(E-M10はのぞく)として、共通の特徴を紹介していきます。

旧型2機種を使用してきて感じていることですから、その後の改良型も、当然備えている特徴です。

軽量コンパクト

まずはなんといっても、軽量でコンパクトなことでしょう。

マイクロフォーサーズという、小さめの映像素子を使っているミラーレス機なので、カメラ自体が小さく軽量になります。

カメラだけの重さを比較すると、

オリンパス E-M1markⅡ MFT 574g
オリンパス E-M5markⅡ MFT 497g
ペンタックス K-3Ⅱ APC 785g
キャノン 6DmarkⅡ フル 765g

と、もしかすると、あまり大きな差には感じないかもしれません。

しかし、あとでレンズのところで説明しますが、レンズも含めた機材全体になると、かなり変わってくるのです。

登山では、軽量化はとてつもないアドバンテージです。

E-M1と12-100

優れた防塵防滴性能

オリンパスの防塵防滴性能は、とても優れています。

たとえばこの動画をどうぞ。

初代OM-Dシリーズ、E-M5が発売された当初から、あまりにすごい防滴性能なので、わざと水を掛けたりした動画があふれていました。

当時は、

「わざわざそこまで・・・」

というような、ひどい試練を与えている人も、たくさんいたんですよ?

昔から、カメラ愛好家の中では、

「オリンパス(とペンタックス)の防滴性能はワンランク違う」

という評価があったため、

「新機種出たら、とりあえず水ぶっかけろ!」

という流れがあったようです。

防滴防塵をうたったカメラは他にもありますが、じつは、その性能の「程度」は怪しいものもあるのです。

「防塵防滴に配慮した・・・」

などと誤魔化した表現もあります。

電子ファインダー

これは電子ファインダーでなくてもいいのですが、山では、なんらかのファインダーがないと困ることがあります。

晴天時にファインダーがないと、液晶画面が真っ白で、

「何を撮っているのかわからない!」

ことが多いんですよね。

初代EM-5のファインダーは、なかなか優れていましたが、そこからEM-1のファインダーに変わった時、世界が変わりました。

見える大きさと解像度が、別次元になったのです。

それ以降は、どの機種でも大変見やすくなりました。

E-M5 144万ドット 視野率100% 倍率0.96
E-M1以降 236万ドット 視野率100% 倍率0.74

低温に強い

オリンパスの機種は、伝統的に低温に強いです。

カタログには、マイナス10℃までの使用可を明記してあります。

私の経験では、北海道での冬山登山で、マイナス20℃程度でも問題なく使用できています。

カメラバッグに入れて、保温なしの状態でも大丈夫でした。

ただし、バッテリーの減りは速いです。

冬でも安心

超便利レンズ(12-100mmf4.0)を使える

このカメラの軽量コンパクトな特徴は、先程書きました。

ここでは、レンズを組み合わせてみます。

が、その前に、オリンパスの超便利ズーム

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100 F4.0 IS PRO

について、少し説明をさせてください。

このレンズは、12-100mmの焦点距離を持つ、いわゆる「便利ズーム」です。

便利ズームは広い焦点距離をカバーする反面、画質が多少落ちるのが普通で、しかも大型化する傾向があります。

しかし、この12-100は、画質もよく、軽量で、しかも防塵防滴という、

「こんなレンズ出しちゃったら、他のレンズ使わなくなる!」

と、オリンパスユーザーを嘆かせた(?)、スーパーレンズなのです。

では、他のカメラと比較してみましょう。

機種 レンズ 重量(g) 35mm換算焦点距離
E-M1 markⅡ 12-100 1,135 24-200
α6500 SEL1670Z 761 24-105
α7RⅢ SEL24105G 1,320 24-105
EOS 6D MarkⅡ EF24-105 F4 1,560 24-105
K-3 Ⅱ DA16-85 1,302 24-130

他機種に比べて、軽量さがわかってもらえると思います。

ちょっとソニーのα6500の軽さが異常ですが、本来ここで比較するべき性能(ファインダーその他)ではありません。

さて、重量も軽いですが、忘れてはいけないのが、焦点距離の違いです。

24mmから200mmの焦点距離をカバーできて、しかも写りの良いレンズ、じつは他メーカーには存在しないのです。

もう一本、さらに望遠レンズを持って行く必要があるんですよね。

当然、望遠側のズームレンズはさらに重く・・・。

一例ですが、ほぼ同じ場所から撮った写真です。

この広角から

こういう望遠まで

便利だと思いませんか?

弱点は?

OM-Dシリーズには、弱点もあります。

  • ミラーレス機のAF(オートフォーカス)の遅さ
  • マイクロフォーサーズのボケの小ささ

です。

高速で動く物へのAF

ミラーレス機の共通の弱点が、オートフォーカスの遅さ。

とくに、高速で動くもの(鳥、車など)へのオートフォーカスは苦手です。

あくまでも一眼レフ機に比べたら・・・という世界で、十分速いのですが。

山では、幸運にもこの弱点は関係ないことが多いのです。

飛んでいる鳥を撮ることは、ないわけではありませんが、少ないですよね。

鳥と言っても、せいぜい、こいつら?

マイクロフォーサーズのボケ

映像素子が小さい(詳細は省きます)と、ボケは小さくなります。

山でボケが活きる写真となると、お花を撮る時などでしょうか?

この程度のボケです

こんな感じ

たしかに、フルサイズ機に比べると、あまりボカせません。

ただ、山ではどちらかというと、パンフォーカス(全体がくっきり)で撮ることのほうが多いのではないでしょうか?

そうなると、

「絞らなくてもパンフォーカスに近い」

という優位性のほうが、活きてくる場面が多いです。(私程度の写真では)

パンフォーカス

最後に

マクロ撮影で便利

オリンパスOM-Dシリーズ(E-M1 E-M5)について、個人的な思い入れたっぷりに紹介してきました。

私はカメラの専門家ではないですので、

「もっと写りの良いものじゃないとダメ」

「どんなに重くても、フルサイズ以外認めない」

とおっしゃるマニアも、当然いらっしゃるでしょう。

ただ、私が山でいくつもカメラを使ってきて、これほど使い勝手の良いカメラはありませんでした。

さらに昨年、12-100 f4.0という便利過ぎるスーパーレンズが発売され、鬼に金棒となりました。

  • 写りの良さ
  • 軽さ、コンパクト
  • 防塵防滴性能
  • 低温耐性

すべてバランスよく、高レベルで備えたカメラです。

今のカメラが壊れても、きっとその時のOM-Dシリーズフラッグシップ機を買うと思います。

身軽に山を歩いて、山で観たあの景色を、写真に収めて帰ってきてください!

社外バッテリーのこと
社外製の互換バッテリーのことについて記事を書いています。

純正充電器に注意! Newmowa社製BLN-1互換バッテリー(オリンパスOM-D、PEN用)

2018年11月29日
登山でカメラを運ぶ
登山に一眼カメラを持って行く方法について、記事を書いています。

よかったら参考にどうぞ。

登山へ一眼レフカメラを持っていく方法(ロープロ/トップローダー50AW)

2018年11月18日

私が実際に使っているオススメ登山道具レビューのまとめ

2018年12月18日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応