登山用靴下の下にはスキンメッシュソックスを履こう




こんにちは、寝袋!です。

登山で身につけるもので、靴下は他のウェアとは少し違うことがありますが、おわかりですか?

他のウェアと同じように、吸湿性、速乾性が求められることに加えて、

体(足)と登山靴の間の橋渡し

という大切な役割があるんです。

たぶん、靴下がなかったら、足が痛くて山登りできないような気がしませんか?

登山用の靴下について、考えていきましょう。

登山での靴下の役割

登山用靴下には、次のような役割があります。

吸湿速乾性

言ってみれば、靴下もベースレイヤーの1つですので、当然、汗を吸収して発散させる、

透湿速乾性

が必要になってきます。

ショック吸収性

硬めで頑丈な登山靴と、足の間の隙間を埋めて、クッションの役割をしなければいけません。

十分な厚み、潰れても復元する素材が必要になってきます。

耐久性

登山靴と擦れて、すぐに穴が開くようではいけません。

靴下とはいえ、登山用は安くはないですから、長持ちしてくれなくては困ります。

保温性

夏はあまり必要ありませんが、寒い季節になってくると、保温性が必要になってきます。

足先、手足から先に冷えてきますから。

防臭・抗菌性

これは必ず必要な機能ではありませんが、縦走などではやはり匂いが気になりますね。

登山用靴下選びのポイント

上記の役割をふまえて、登山用靴下を選ぶときに、選ぶポイントを見ていきます。

ひとつひとつ、自分にはどういうのが合っているか考えて、選んでいきましょう。

材質

材質は、大きくわけて2つです。

メリノウールなどのウール系と、新素材系です。メーカーによっては、両者を混合した素材も使われています。

メリノウールは天然素材で、

  • 吸湿性、放湿性が高い
  • 優れた保温性
  • 優れた防臭性能
  • 使ってもどんどん繊維が絡んで強くなっていく

と、まさに登山用靴下にはピッタリな素材です。

シャツなどのベースレイヤーにもウールは使われますが、そちらは新素材と適材適所のいい勝負です。

しかし、靴下になると、まだまだメリノウールが一歩リードしています。

メリノウールをオススメします。

指の形状

5本指ソックスと通常のソックス、これは好みで選んでいいと思います。

5本指ソックスは指の間にも生地が入るので、より汗を吸収しやすくなります。

また、指を開いて踏ん張りやすいので、私は5本指のほうが優れていると思います。

季節に応じた厚さ

夏は暑いので、いかに足に汗をかかないか、を重視する必要があります。

怖いのは、マメです。

マメとは
ムレた状態や濡れた状態で、皮膚が摩擦を繰り返していると、表皮と深皮の間が剥がれて隙間が出来ます。

そこに体液がたまったものが水ぶくれで、マメといいます。

ちなみにマメを防止する最強のクリームがありますが、これは最後の手段です。

マラソンや100kmウォークなどでマメを予防するクリーム(PROTECT J1)

2018年12月15日

みなさんが初めて登る山は、暑い季節でしょう。

登山用の靴下であまりに薄いものはありませんから、初めて買うならば、一番薄手のものを選んでおけばいいと思います。

冬じゃない限り、寒いことはないでしょう。

サポート力

登山用の靴下は、足先、踵など、部位によって細かく織り方が変えてあります。

頑丈さ、伸縮性を変えているのです。

それとは別に、サポート力を全面に出したモデルもあります。

足裏のアーチを保ち、疲れを予防するためです。

効果は不明ですし、何より締め付けが強いです。

まずは、このタイプは買わず、通常のものを使いましょう。

登山用靴下(夏用)のおすすめ

登山用靴下(冬用)のおすすめ

冬用の靴下は、スマートウール(ブランド名)のウールソックスがイチオシです。

冬に登っている人のなかで、かなりウェイトが高いと思います。

靴下もドライレイヤーを重ね履き

靴下にもレイヤリング

ところで、靴下にもレイヤリングというのがあります。

昔の登山者が、靴下を2枚重ねで履いていたのとは、意味が違います。

最近流行のドライレイヤーというものです。

私、個人的にこれは、とてもオススメしたいものなのです。

よかったら参考までに読んでください。

最高の足ムレ防止!スキンメッシュソックス【しもやけも予防】

2019年2月1日

これを一枚、通常の靴下の下に履くことで、足のムレが一発で解消されます。

いろいろモデルをオススメしておいて言うのもなんですが、

「登山用靴下の細かいモデルの違いより、ドライレイヤー履くかどうかの違いのほうが、圧倒的に大きい」

です。

いい例え?
登山用靴下のモデルの違い=フィットとヴィッツの違い

ドライレイヤーの有無=運転手が素人かレーサーかの違い

夏でも冬でも、これを履かない日はありません。

登山でも日常でも履いています。

最後に

登山では、靴下はとても大切なアイテムです。

登山靴が大地をしっかりとグリップしても、登山靴と足がしっかりと固定されていなければ、意味がありません。

足と登山靴を結びつけるのは、靴下だけなのです。

靴下は衣服ですが、道具の一面も持っているような気がします。

靴下の大切さは、歩けば歩くほど感じられると思います。

どうぞ、よい靴下を見つけてください。

初心者向け登山ガイド 全記事まとめ

2019年1月1日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応