【購入ガイド】登山用タイツの選び方【おすすめ】




こんにちは、寝袋!です。

登山に限らず、あらゆるスポーツシーンで、タイツを履いている姿が一般的になってきました。

運動をサポートする効果があるのですが、漠然と、

「とにかく楽になるらしいよ」

では、目的にあったタイツを手に入れることは出来ません。

機能と目的を理解して、また、欠点も知った上で、使うべきです。

登山用タイツの特徴、種類を解説していきます。

登山用タイツは2種類あります

登山用タイツは、下のように大きく2種類に分けられます。

着圧タイプ サポートタイプ
血行を促進させるために、下部から押し上げるように圧を掛けるタイツ。 膝、腰などの関節や筋肉をサポーターのように支え、運動を補助するタイツ。

着圧タイプ

全身に血液を送るのが心臓ですが、その血流はじつは筋肉によって補助されています。

しかし、登山によって筋肉の疲労が増してくると、その補助がなくなり、血流が悪くなります。

結果、全身に疲労物質がたまり、疲労感が増します。

それを防ぐため、血液の流れを補助するように締め付けるのが、着圧タイプのタイツです。

サポートタイプ

関節や筋肉をサポートする役割で、一般的に知られているのが、サポーターです。

サポーターは、膝や腰などの部位ごとに着けるものです。

しかし、登山はすべての部位に負担のかかる運動です。

そこで、すべてのサポーター機能をタイツに組み込み、下半身全体をカバーしてしまおうというのが、サポートタイツです。

登山用タイツの効果どちらを選ぶべき?

登山用タイツは、どちらを選べばよいのでしょうか?

まずは下の表を見てください。

着圧機能 サポート機能
着圧タイプ ×
サポートタイプ

じつは、サポートタイプと呼ばれるものでも、着圧機能が、ほぼ組み込まれています。

つまり、サポートタイプは着圧タイプの上位互換です。

機能的には、サポートタイプを選択するべきです。

ただし、当然サポートタイプは、部分的にかなり強く締め付けます。

それが苦手な人は着圧タイプを選ぶしかありません。

CW-X公式HPより

サポートタイツに関しては、ワコールが販売している「CW-Xシリーズ」が圧倒的に素晴らしい。

他のメーカーのものも使用していましたが、イマイチ効果が感じられなかったです。

「やさしめのサポート力」

というウリ文句が、遠回しな言い訳に感じました(私感)。

登山用タイツの欠点

登山用タイツには、欠点があります。

サポートされる=鍛えられない

サポーターというものすべてに言えることですが、サポートを受けているということは、筋肉が鍛えられないということでもあります。

常に着けていると、

「着けるのが前提の筋肉」

になってしまいます。

私なら、いざ決戦というような山行、キツイことが予想される山行に、使用を限定したいものです。

しかし、ケガや事故の防止につながるので、難しいところです。

履くのが面倒

ストッキングを履くように、小さいものを伸ばしながら履くので、大変です。

女性は慣れたものなのかな?

ピッチピチ

用を足すのが面倒

前が開かないものが多い

大でも小でも、用をたすときは降ろさなければいけないので、面倒です。

まあ、山小屋ではまだ多い「和式トイレ」や「雉撃ち」でも、抜群のサポート力によって、ポージングは楽かもしれませんが。

おすすめ

イチオシ!

CW-Xのサポートタイツが優れているところが、その圧倒的なサポート力です。

「これ、効いてるのかな?」

というようなタイツが多い中、さすがトップメーカーです。

そして、CW-Xのタイツは、その運動のタイプによって種類分けされているのです。

登山には、瞬発運動のサポートはいりませんので、持久型の「スタビライクスモデル」が最適です。

私的には、これ一択でオススメします。

CW-Xスタビライクスモデル
股関節・ひざサポートを基本に、腰の安定を追求したモデル。
腰の位置を安定させ、運動時の筋肉疲労を軽減し、着地の衝撃からひざを守ります。また、ふくらはぎの筋肉を下から支え上げるようにサポートします。良好なコンディションを長時間持続させたいスポーツにおすすめです。
吸汗速乾素材「クールマックス®ファブリック」採用でさわやかなはきごこち。

男性のサイズ選び(身長とウエスト)・・・メーカーでは、該当サイズがない場合、ウエストに合わせろと指示しています。

68-76 76-84 84-94 94-104
155-165 S SB
165-175 MY M MB
175-185 LY L LB

女性のサイズ選び(身長とヒップ)・・・メーカーでは、該当サイズがない場合、ヒップに合わせろと指示しています。

82-90 87-95 92-100 97-105
146-154 S MP LP LLP
154-162 SR M L
162-170 MT LL

 

着圧タイプなら

着圧タイプは、モデルによってどの程度差があるのか、正直わかりません。

すみません。

最後に

もし、あなたが「短パン+タイツ」という登山ファッションのためにタイツを探しているのなら、なんでも格好がいいものを選ぶといいでしょう。

速乾性があれば、ユニクロとかでもいいと思います。

しかし、

「どうせならば、タイツに機能を求めたい」

というのであれば、登山用タイツを選びましょう。

選び方は簡単です。

締め付けられるのが苦手じゃなければ、サポートタイプ

でOKです。

(あまり頼ってほしくないのが本音ですが)素晴らしいサポート力は、登山での疲労軽減、安全性につながるでしょう。

初心者向け登山ガイド 全記事まとめ

2019年1月1日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応