テント泊の食事「夜はご飯物、朝は麺類」がいい3つの理由




こんにちは、寝袋!です。

登山を始めていくつか山を登ると、日帰りでは行きづらい山が出てくると思います。

そうなるとテントに泊まるか、あるならば山小屋を利用しなくてはいけません。

自炊してもいいですし、コンビニなどで準備した物を食べるだけでもいいのですが、そのときに1つアドバイスがあります。

「夜は米、朝は麺」です。

もちろん、どんなメニューでも好きに準備して問題ありません。

パスタでもいいし、お餅でもいいし、パンでもいいんです。

それでも、経験者はきっと基本形は、

「夜はなんらかの米を食べて、朝はなんらかの麺を食べる」

です。

これから山に泊まろうと計画しているあなたに、その理由を解説したいと思います。

山での食事って、美味しさだけを求めるわけにはいかない不自由な世界。

だからこそ、基本を知ってからいろいろアレンジしていけば、便利かつ楽しいテント飯になりますよ。

夜は米、朝は麺

ある日の夜

テント泊での食事は、

「やらなきゃならない必須作業」

でもありますが、

「楽しみの一つ!むしろ最大の楽しみ!」

という人も多いと思います。

とくに最近はテント泊の料理レシピも充実していますし、道具も便利なものが増えていますよね。

あらためて、テント泊の食事は、

「何を作って食べても自由。正解はなくて、食べたいものを作りましょう」

です。

そのうえで、ちょっとしたアドバイスが「夜は米、朝は麺」なのです。

守らなくてもとくに問題はないですし、「それは違う」と思う人もいるでしょう。

ただ、何度か経験していくうちに「そうなっていく」人が多いのも事実で、それには次のような理由があげられます。

理由①食事にかける時間が違うから

そばも好き

まずは、「食事にかける時間が違うこと」があげられます。

夕食は、日中歩いてきて疲れて、おなかペコペコです。

テントを張ったら、あとは食べて飲んで、寝るだけ。

逆に朝食は、食べた後は荷物を片付け、テントをしまって歩かなければいけません。

「どれだけ時間をかけてもいい」夕食に対し、「パッと手軽に済ませたい」朝食。

『メスティンで炊いたご飯に、お肉はこれで、スープはこれで。おまけに〇〇を添えて』

なんて、朝食で作る人はいませんよね。(作ってもいいけど)

暗いうちに食べて、夜明けには出発する山も

「じっくりと楽しむ夕食には、作るのに時間をかけてもいいメニュー」

「手っ取り早く済ませたい朝食には、簡単にサッとできるメニュー」

が合っているというわけです。

理由②鍋などの洗い物が楽だから

お米粒がビッシリ。取るのが大変です

炊事場のあるキャンプ場と違って、山では洗い物は厳禁です。

それでも、鍋などの調理器具をザックにしまう時、きれいにしておきたいものです。

食器や調理器具をきれいにするためには、ペロペロなめて、水ですすいで飲み干して、ティッシュで拭くくらいしかありません。

お米ツブは鍋にくっつくので面倒なんです。

美味しいけど後が地獄のカレー

それがさらにカレーライスだったら、もう大変!

ティッシュで拭くのも何枚も何枚も使いそう。

下手すると、調理よりも食べるよりも時間がかかっちゃうかもしれませんね。

対して、ラーメンなどは簡単です。

麺食べて、スープを飲み干せば、最後に残るのはちょっとしたカスだけ。

そこにちょっと水を入れて、かき混ぜて飲み干せば(マズいなんて言っちゃダメ)鍋はきれいになります。

人によっては、「じゃあ、夜も麺でいいんじゃない?」と思うかもしれません。

夜はご飯類でも構わないのは、夜にごはん類で汚れた鍋や食器は、そのまま放置して大丈夫だからです。

鍋にくっついたお米ツブや汚れは、翌朝の麺類で柔らかくなり、きれいに流されてしまうんですよ。(スープに多少お米が混ざるけど気にしない)

パスタはどちらかというと夜だな

「使った調理器具や食器をきれいにするのが簡単だから」

それに効果を発揮するのが、朝の麺類メニューというわけです。(パスタは例外)

理由③水分たっぷりで食べやすいから

すべてを洗い流す麺。流し込む先は胃袋!

テント泊では、ご飯が喉を通らないことがあります。

「乾いたままの雑巾では、こぼれた水を拭き取れない」

のと同じように、疲れすぎた体は重い食べ物を受け付けなくなってしまうんです。

そのうえ、山の上での朝は早いです。

テント泊ですと、真っ暗なうちから調理して、夜明けとともに歩き始めることも多いです。

疲れた体で、しかも寝起き(普段ならまだ布団の中)ではなかなか食欲がわきません。

それでも、これから歩くことを考えれば、しっかりと食べて栄養補給しておかなければいけません。

そんな朝でも、麺類は比較的ツルツルと食べやすくて、体が受け付けるんですよ。

しかも、同時にスープで水分がたっぷり摂れて、体も温まります。

「よしっ今日もしっかり歩くぞ!」

という体勢が整うんです。

朝の麺類は、スープのおかげで良いことづくめというわけです。(やっぱりパスタは例外)

オリーブオイルたっぷりパスタ・・・最悪だった

とくに「朝は麺」がいいですよ

じつは雑炊(リゾット)もいいよ

どうでしたか?

もう一度言いますが、テント泊の食事に答えは一つではありません。

あなたが食べたいものが正解で、間違いなどないんです。

すべて麺類でもいいですし、パンもいいですし、パスタでもいいですし、餅でもご飯でもいいです。

全部カロリーメイトというのでも間違いではないです。

でも、基本的なコツとして、

  • 疲れていても喉を通るか
  • 調理の手軽さ・後片付けの手軽さ

を考えることは、テント泊の食事プランの大切なポイントです。

加えて、お米類はやっぱりなんといっても満腹感があって、腹持ちがいいです。

というわけで、

夜は米、朝は麺

をオススメしたいのです。

初めての人はとくに、1回はこれでやってみて!

そのうち、自分の好みや体質がわかってくると思います。

「自分って、山でお米はダメかも」

「案外、疲れててもなんでも食べられる自分って強い?」

などなど。

それから、いろいろとメニューを工夫し、組み合わせを考え、楽しいテント泊ライフを作り上げていってください。

それがあなただけの「正解」だと思いますよ。

これも雑炊。私はけっこう使います。

【面白い登山者】アンパンだけ食べて縦走する人【行動食も食事も】

初心者向け登山ガイド 全記事まとめ

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。



スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。