ガスのOD缶(アウトドア缶)は全メーカー共通なの?【例外あり】




こんにちは、寝袋!です。

登山やキャンプで使うガス缶(OD缶、アウトドア缶ともいいます)は、

『他社製品との組み合わせは、絶対に行わないでください』

とメーカーはおっしゃってます。

でも、見るとどこのメーカーのものも、同じ形状で違いがないように思います。

本当に使えないのでしょうか?

「使えるに決まってるよ! だってバルブ全部一緒だもの!」

「すこーし違うんだよね。だから絶対ダメ!」

「ガスの成分も違うものがあるから」

と、出処もわからない、本当かどうかわからないような情報があふれています。

私の経験と知識、そして考えを書いてみたいと思います。

ガスバルブの形が違うものがある!

まず、わたしたちがアウトドア用品店でガスを買うときに、

「間違って買ってはいけないもの」

を挙げておきます。

今回の主題とはズレますが、下の2つは、

あきらかに違う形状

のものです。

一般的?な形

キャプテンスタッグ

登山用品というより、キャンパー道具として有名なのが、『キャプテンスタッグ』です。

ゴムのOリングが付いている

一見、同じような形ですが、バルブの中にゴム製のOリングが付いています。

これがあるから違う形状?とは断言できませんが、

「他のメーカーには付いていなくて、これには付いている」

というだけで、違うと認識して、避ける理由になるでしょう。

お店ではキャップが付いていて、バルブの中が見えないので要注意です。

キャンピングガス

フランスのアウトドア用ガス器具メーカーで、『キャンピングガス』というものです。

青い缶で、とても目立ちますし、キャンプ用品店やホームセンターなど、けっこう手広く販売しています。

このメーカーのガスは、

まったく形状が違います!

サビサビで申し訳ない。倉庫から引っ張り出してきた

キャンピングガスの器具の取付部

プリムスの器具の取付部

これは、絶対に付きません。

私が昔、キャンプ用に買ったバーナーがキャンピングガス製で、しばらく使っていました。

一度プリムスのガス缶を持っていって、痛い目にあったことがあります。

その他は同じ?

さて、それでは、それ以外は使えるのでしょうか?

プリムスさんのHPから抜粋してみました。

ダメな理由
燃焼器具は、器具とガスカートリッジが接続されてはじめて機能するものです。専用ガスカートリッジ以外のものは、ガスの出るバルブの形状、ノズルの太さ等、規格が異なります。この基本設計の違いにより、プリムスの器具に他のガスカートリッジを使用したり、逆にプリムスのガスに他社の器具を接続しますとガス漏れが発生したり、正常な燃焼を果たせなかったり、火災事故につながる場合があります。

どこの会社のHPを見ても、だいたい同じことが書いてあります。

でも、

「どうせプリンターの交換インクと一緒で、ガスで儲けようと思ってのことでしょ?」

と、私のようなゲスは勘ぐってしまいます。

今までの経験では

私は現在、『イワタニプリムス』のストーブ(P-153)をメインで、他に『SOTO』のストーブも使います。

普段はちゃんと、プリムス=プリムス、SOTO=SOTO、というふうに、同じメーカーさんのガス缶を使っています。

しかし、出先で手に入らないなどの理由で、何度か他のメーカーのものをセットで使ってみたことがありました。

結果は、私が使う分には、大丈夫でした。

「やっぱりね。大丈夫だった」

と思いました。

では、それから違うメーカーのガス缶を使うかと言えば、それはありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガス缶を変える理由

どうしてでしょうか?

なぜなら、プリンターのインクが純正品と社外品で、大きく価格が違うのにたいして、値段はほぼ全部一緒だからです。

「わざわざ変える理由がない」

というのが、正直なところです。

たとえばA社というメーカーが、格安のガス缶を販売しているのならば話は変わりますが、実際どれも同じ値段なんですよね。

また、

「B社のガス、とても燃焼効率がよくってさあ」

というものがあれば別ですが、どのメーカーのガスも同じように感じます。

応援しよう!

そして、私が今使っているストーブ(P-153)のこと、私はすごく気に入っています。

「今のが壊れたら、また同じのを買う」

と思っています。

そんなストーブを作ってくれている会社のこと、応援したいという気持ちになりません?

ガス缶を使えば、その会社に利益が出て、よりよい製品を開発してくれます。

よろこんで、儲けさせてあげようではありませんか。

「いいや、ストーブはこの会社のだから、ガスは他から買ってあげないと!」

という人は・・・知りません! 勝手にしてください(笑)

最後に

一応、緊急避難的に、

「うまく使える可能性がある」

くらいに思っておくのがいいのでしょうね。

ちゃんと、ストーブのメーカーと同じガス缶を使いましょう。

そして、

『キャプテンスタッグ』と『キャンピングガス』

のガス缶は、

形が違うので使えない

ということだけ、覚えておいてください。

もし・・・どこかの会社が格安のガス缶を発売してきたら・・・、

その時は使えるかどうか、徹底的に調査します!(貧乏)

初心者向け登山ガイド 全記事まとめ

2019年1月1日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応