【テントを支える要】ガイラインの張り方・使い方教えます




こんにちは、寝袋!です。

テントを設営するとき、ガイラインをちゃんと使っていますか?

「ガイライン? なにそれ?」

という人のために説明しておくと、

ガイラインはテントを地面に固定するための細いロープ

のことです。

「ああ、あれか! 風の強い時は一応使うけど、面倒だよね」

と思ったあなた、ガイラインはちゃんと使いましょう。

夜になって風が強くなってから使うのは、辛いですよ~?

ガイラインの基本的な使い方を説明します。

ガイラインをちゃんと使って、テント泊の達人になりましょう。

ガイラインとは?

テントを補強する細いロープ=ガイライン

テントを設営したときに、テントと地面はペグで固定します。

テントの底辺と地面とを結びつけるわけですね。

それだけでは、テントが風に吹かれた場合に、テント上部が揺すられて動いてしまいます。

そこで、テントの上部から地面に向けてロープを伸ばし、地面に結びつけます。

このロープのことを、ガイラインと言います。

時々、ガイドラインと間違われることもありますが、「guy-line」でガイラインが正解です。

ガイラインの張り方の基本

ガイラインは長さが調整できる

ガイラインの張り方について、基本的なことを書き出してみます。

毎回張りましょう

まず、ガイラインは毎回張りましょう。

一般的な自立型のテントは、4隅をペグで固定するだけで、テントとしては使えます。

そのため、

「今日は風も吹いていないし、ガイラインなくてもいいな」

と、省略してしまう人が、じつに多いのです。

今度、テント場で観察してみてください。

案外張っていない人、多いんですよ。

しかし、ガイラインのないテントは、性能を発揮していません。

あなたもテントを買うときに、いろいろ吟味したでしょう?

その意味がなくなってしまいますよ?

ガイラインがないと、山の上の強風にさらされたときに、テントはたわみ、変形し、やがてポールが折られてしまいます。

直線状に

ガイラインは直線状に

これじゃダメです

ガイラインは、4本付いているものが多いでしょう。

これを張る時は、対角線上の2本が一直線になるように張りましょう。

直線状になっていないと、ガイラインは強いとは言えません。

ペグか石に固定する

ガイラインは、ペグか石に固定します。

石は両手でなんとか持てるぐらいの、なるべく重いものを選びましょう。

ペグは、打つ本数が増えるので面倒で、そのために省略したくなります。

面倒でもしっかりと打ちましょうね。

間違ってはいけない注意点

ガイラインを張ること自体は、面倒なだけでそれほど難しいことではありません。

ここでは、間違えやすい注意点をお話しておきます。

自在(金具)の向き

自在金具といいます

ガイラインは、場合によって長さを変える必要があります。

そこで、自在金具という調整具が付いています。

このおかげで難しいロープワークを知らなくても、簡単に長さを調整できるのです。

上に2本のガイラインを写しましたが、どちらかが間違っています。

わかりますか?

摩擦が弱いとすぐに緩んでしまいます

「どっちでも対して変わらないのでは?」

と思うかもしれませんが、上はNGで、下がOKです。

1回セットしてしまえば、ずっとこのまま使うことになります。

最初が肝心、絶対に間違わないでくださいね。

このちょっとした違いで、ガイラインの緩み方が違ってきますよ。

時々調整すること!

次に覚えておいてほしいのですが、

ガイラインは何度も張り直す

ことが大切です。

穏やかな日は問題ありませんが、風の強い日はとくに注意しましょう。

風が吹き荒れた朝、テント場を見渡すと、ガイラインが緩んでたるんでいるテントがよくあります。

そう、風に吹かれて前後左右に揺れるうちに、ガイラインはどんどん緩んでくるのです。

そのうち、

ただテントからロープが出てるだけ

という感じになってしまうんですよね。

そういう夜は、どうせ何度も目が覚めますから、時々はガイラインを調整してピンと張ってください。

途端にテントの揺れが収まって、眠りやすくなります。

ガイラインまとめ

ガイラインはテントの一部なのに、なぜか設営するときに省略されがちです。

「風が強いときに使う予備の装備」

と思っているのかもしれません。

でも、考えてみればわかるのですが、

風が強くなってから、夜中にガイラインを1から設置するのは大変!

なんです。

風が強くなる前に、設置しておくべきなんですね。

  • テントを設営するときに、ガイラインは絶対に張るもの
  • ガイラインは張ったらOKじゃなくて、何度も張り直すこと

と習慣づけて、正しく張れるようになってください。

「ガイラインを制する者は、荒天を制す」

頑張ってください。

ガイラインと自在のセット

ガイラインと自在金具だけを、自分に使いやすく変えることも考えましょう。

他の人との差別化にもなって、目印にもなりますよ。

初心者向け登山ガイド 全記事まとめ

2019年1月1日

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。