【エアマット】ニーモ テンサーが最高な理由【かなりリード】




こんにちは、寝袋!です。

「山で快適に寝る!」

そのためには、テントやシュラフはもちろんですが、じつはマットによって快適さが全然違ってきます。

いろいろなタイプのマットがあるのですが、最近はエアマットがかなり人気です。

素材が改良されて、パンクの危険性が減りました。

おかげで、その快適な寝心地と軽量さで、注目されているのです。

そして、そのエアマットの中でも、NEMO社の販売する

テンサー(TENSOR)シリーズ

の出来が良く、一歩抜き出た存在です。

その人気の秘密を解説していきます。

マットの役割

そもそも、山で使うマットは、どういう機能が求められているのでしょうか。

地面の凹凸を減らす

山でのテント泊は、芝や砂地の平らなテントサイトとは違って、凹凸があるのが当たり前です。

テント場は、たいてい平らで傾斜のない一等地から埋まっていきます。

しかし、そもそも一等地が存在しないテント場も、たくさんあります。

そこで、地面の凹凸を和らげて、少しでも寝心地をよくするためにマットを使います。

地面から体温を守る

地面というのは、恐ろしいものです。

テント泊の経験がある人はご存知でしょうが、テントで寝ていて冷えを感じるのは、空気ではなくて地面です。

ぶ厚い寝袋で寝ていても、下になる面は当然体の重みで潰れて、能力を100%は発揮できません。

地面と体の熱の移動を防ぐ最後の砦、それがマットなのです。

マットの種類と特徴

登山用のマットは、その構造で大きく3つに分けられます。

エアマット

空気でふくらませるタイプ。

簡単に言えば、海水浴の浮き輪をマット状にしたようなものです。

クローズドセル

厚くて硬めのスポンジの板。

折りたたみ式とロール式があります。

セルフインフレータブル

上2つの中間のようなもので、浮き輪の中にスポンジを少し詰めたようなものです。

スポンジが入っているので、パンクしても多少はマシという狙いです。

比較表

あくまでも概念的なもので、それぞれ様々なバリエーションがあります。

エアマット クローズドセル セルフインフレータブル
重さ
対凸凹
暖かさ
大きさ ×
対パンク ×
価格
  • 安くて耐久性抜群なクローズドセル
  • 快適だがパンクが怖いエアマット
  • バランス(やや中途半端)のセルフインフレータブル

テンサー(TENSOR)シリーズの特徴

ニーモのテンサーは、軽さ・寝心地・暖かさが、すべて高いレベルでまとめられています。

「本当によくこんなバランスで出来たなあ」

という感想です。

マットというより、高さ7cmのボールをくっつけて、板状にしたという感じの作りです。

フニャフニャしていないのです。

そして内部に、地面の冷たさは下に返し、体の暖かさは上に戻す「THERMAL MIRROR」という反射フィルムが挟み込まれています。

これが、暖かさに繋がっているのです。

実際、私はけっこう冷え性なのですが、このマットは今までで1番温かいです。

(↑公式HPより)

よく見ると、左右の端がほんの少し厚くなっています。

そのおかげでずれ落ちることが少なく、包み込まれているような感じになります。

ナイスアイデアだと思いました。

マットは厚めにすればするほど、フニャフニャで不安定な物が多いですから。

テンサー(TENSOR)シリーズのラインナップ

テンサーシリーズは、長さと保温性の組み合わせで、製品展開されています。

(※さらに上級モデルもありますが、ここでは除外しました)

長さ

S M R
長さ 122cm 160cm 183cm

全身を収めるか、足元はザックで代用するかなど、マットの長さは人によって使い方が変わってきます。

長いものはそれだけ重く、膨らませるのも大変になります。

保温性

TENSOR TENSOR INSULATED
対応限界温度 -1~+4℃ -12~-7℃

内部に断熱材を内蔵しているかどうかの違いです。

当然重さが変わってきます。

いろいろなタイプを使ってきて

私は最初、クローズドセルタイプ(サーマレストZライト)を買いました。

「登山といえば、これをザックの外にくっつけて行く」

と思っていましたし、それ以外知らなかったような気もします。

次に、モンベルのセルフインフレータブルタイプ(アルパインパッド)を買ってみました。

さらに、ウルトラライト用に、クローズドタイプの薄型を買い足しました。

高密度で薄い割に寝心地がいい

とにかく軽いし、薄さの割には断熱性も吸収性もあります。

今でも全部を持っていて、山行スタイルによって使い分けています。

しかし、テンサーと出会ってからは、どんどん他の出番が減ってきました。

テンサーは、それだけ欠点がないのです。

「ちょっとお試しに」というような安いものではないけど、よかったら使ってみてください。

幅広いシーンでベストであり続ける、素晴らしいマットです。

2019年新型モデル買いました

2019年にモデルチェンジした、新しいテンサーを買いました。

新旧モデルの違いなど、詳しく書いていますので、そちらもお読みください。

【寝心地と暖かさ】2019新型ニーモ・テンサーインシュレーテッド

2019年5月22日

私が実際に使っているオススメ登山道具レビューのまとめ

2018年12月18日






スポンサーリンク






登山用品の通販なら『好日山荘』




好日山荘の通販がオススメな理由!

①日本最大級の品揃え

②7,560円以上で送料無料

③常時3%ポイント還元

④セールがとても多くて便利

⑤登山靴のサイズ交換対応