「山で汗をかかないとは?」登山用速乾ウェアでも汗だくになる人へ




こんにちは、寝袋!です。

「山登りは、汗をかかないような登り方で!」

というのは、入門書や番組などでよくアドバイスされる山登りの極意です。

でも、登山されてる方、おかしいと思ったことありませんか?

少なくとも、私は思いました。

「あんな大変な運動して、汗をかかないなんて絶対無理!」

「きっと『なるべく』ってことでしょ?」

ってね。

登山者はみんな高性能な速乾性のウェアを着ます。

それは山を歩くと汗をかくから。

でも、どんな高性能のウェアを着てても、やっぱり汗だくになった経験あるんじゃないでしょうか?

今回は、

  • 高性能ウェアでも濡れてしまう理由
  • 汗をかかない登り方の本当の意味

について解説したいと思います。

登り方あっての高性能ウェアです。

どんどん良いウェアに買い換えても、登り方が一緒なら結局は同じこと。

汗をかかない歩き方を知って、余計なお買い物をしないようにしましょうよ。

自然の中で汗をかくと気持ち良い?

山登りを趣味にしていると、

「自然の中で遊んで汗をかくと、きっと気持ちいいんでしょう?」

と言われます。

自然を感じながら体を動かして山を登ると、体は疲れはしますが、それ以上に心がスッキリします。

「アクティブレスト」というらしいですが、たしかに体を動かして汗をかくことは気持ちがいいですよね。

でも、私たち登山者は知ってます。

汗をかく山登りは気持ちよくても、汗自体はとっても厄介なことを。

「山で汗をかくとろくなことがない」

私は登山初心者を山に連れて行く場合、口癖のように言います。

「山で汗をかくと、ろくなことがないよ」

その理由はざっと以下の3つです。

喉が渇く

運動が激しくなって汗が増えるほど、喉が渇きます。

山では水分は貴重で、自分で運んでいく「荷物」です。

できれば必要以上の水分は持って行きたくない。

つまり、ゴクゴク飲んで「プハーッ、うめえーっ」なんていうのは、避けたいわけです。

疲れる

山登りに限りませんが、運動の強さが激しくなると、疲れもどんどんたまります。

後でくわしく書きますが、

「汗をかく」=「運動が激しい」

ということですから、汗をかいているということは早く疲れるということになります。

汗が冷えて寒い

汗をたくさんかくと、ウェアが濡れてしまいます。

ウェアが濡れると汗が冷えて、一気に寒くなってしまいます。

体が火照っているうちはいいですが、休憩して落ち着いてくると、濡れたウェアが水を浴びたように冷たくなります。

そこに風でも吹こうものなら・・・。

これを「汗冷え」と言いますが、その状態を避けたいために、登山者はウェアを工夫するわけですね。

登山者にとって、汗は寒いもの。

汗をかいてしまう原因3つ

それでは、山登りで汗をかいてしまう原因はなんでしょうか?

ペースが早い

まずは、歩くペースが早い場合です。

これは勘違いする人が多いのですが、

「呼吸も心臓がラクだから、ペースが丁度いいわけじゃない」

ということです。

「おれ、体力あるから楽勝で登ってこれたよ。汗びっしょりだけど、余裕余裕!」

厳密に言えば、

「呼吸や心臓に余裕があると、汗もかきにくい」

とは思うのですが、私は分けて考えたほうがいいと思います。

くわしくは後述しますが、あなたにとってのマイペースは「じつはもっと遅いのがいい」かもしれないってことです。

厚着してしまう

山に登り始めると、最初は寒く感じたり涼しいものです。

でも、少し時間が経つと、体は熱く感じて汗をかいてきます。

さっきまでちょうど良かったウェアが、途端に暑く感じて脱ぎたくなってきます。

「ちょっと寒く感じるくらい」

がちょうど良いですよ。

暑く感じてから脱いでもいいですが、その時点でもう汗が冷たく感じることがあるので困るんですよね。

気温が高い

厚着しなくても、そもそも気温が高すぎる場合は、汗をかいてしまいます。

夏の低山なんて、Tシャツ1枚でじっとしてても汗が出てきてしまいますよね。

これはもう、仕方がないことなのです。

しかし、逆に言えばそんなに暑いときは汗が乾くのも早いので、それほど問題にならない(危険ではない)とも言えます。

優れたウェアにも限界あり

「汗はかくもの!だからこそ、すぐに乾く高性能ウェアがあるんじゃないか!」

たしかにそうなんですが、ちょっと考えてほしいのです。

野良仕事が教えてくれた

私は田舎暮らしをしていますので、いろいろな野良仕事をしています。

草刈り、チェーンソーでの伐採、薪運び、畑耕し、などなど。

古くなった登山用ウェアが作業着なんですが、そこで気付いたことがあります。

『どんなに高性能なウェアでも、吸汗&速乾には限界がある』

ということです。

登山のときはあんなに良かったのに、野良仕事を頑張っていると、気づくと汗だくになってしまってるんですよね。

「おりゃー、そりゃー」

と目一杯力を入れてやる仕事が多いので、もうパンツまでぐっしょり、それこそバケツで水をかぶったように。

この野良仕事は、言ってみればオーバーペースの登山と一緒です。

汗が出るまで頑張ってしまうという真実

人によってペースは違いますし、汗のかき方も違います。

ところが、いざ歩き始めると、人間汗の量なんて気にしないはずです。

ペースについて気にするのは呼吸と心拍数と、コースタイムぐらいでしょう?

ですからじつは、

マイペースは肺と心臓で決まるんじゃない!

汗をかかないペースこそが良いペースなんだ!

ということなんです。

長々と書いてきたのは、それを知ってほしいからなんです。

「汗をかかない」とは「汗をためない」こと

「だーかーらー。汗をかかないなんて無理なんだってば!」

そう怒らないで聞いてくださいね。

言い換えるなら「汗をかかないように歩く」とは、

出る汗≦乾いていく汗

というペースで歩くということです。

少し汗をかきながら、同時に汗がほとんど乾いていく。

ウェアはしっとり濡れてはいるけど、いつまでたっても濡れ方は同じ。

休憩に入ったら最初少し濡れてるけど、すぐに乾燥して快適!

これこそがあなたのマイペース、ちょうどよいペースなんです。

たぶん、今より遅くなると思います。

でも、1時間で登っていたところが、1時間5分になるようなものです。

案外ペースって時間差が生まれないものです。

「途中で追い抜いてきた遅い人が、ちょっと休憩してたらすぐに追いついてきた」

という経験、ありませんか?

寝袋!
速乾性が高いからペースを気にしなくていいんじゃなくて、濡れずに歩ける「ペースの限界」が上がるだけって感じ

やってみて!「汗をかかないペースにするコツ」

呼吸と心臓が辛くないペースより、ほんの少し遅くする。

マイペースと思ってたのより、意識的にもう少し遅くする。

最初のうちは難しいかもしれませんので、私がアドバイスしているコツをお教えします。

それは、1、2、1、2、で歩かないこと。

それはあなたの今までのペース。

それを、1、ウン、2、ウン、1、ウン、2、ウン、で歩くようにするんです。

右足を前に着いたら、すぐに左足を上げるじゃなくて、両足が着いたままの時間を一瞬作ります。

説明が下手かもしれませんが、わかりますか?

これはじつは、雪山のアイゼン歩行のリズムと同じなんです。

今度、山のテレビ番組などで、ガイドさんたちの足の進め方をよく観察してみてください。

みんな、思ったより一歩一歩に間がありますから。

まとめ

力が入ると、ついつい説明が回りくどくなってすみません。

まとめると、

  • 山で汗をかかないペースで歩きましょう
  • どんな高性能ウェアでも、それが出来なければ結局濡れます
  • ペースを落とす歩き方のコツ

ということについて説明してきました。

山で汗をかくことは、最初のうちはそれほど問題にはなりません。

でも、そのうち高い山へ行くようになると、大問題になってくるのです。

それは命を左右するほどのことであって、登山においては永遠の課題です。

ずっとあなたを悩ませるものなんですよ。

だからこそ、ウェアの買い替えという無駄なお金を使う前に、正しいペースを習得してください。

身につけるべきは高性能ウェアじゃなく、正しいペース。

がんばってください。私もがんばります。

それから先にウェアの改善があるんです

それでもいつか、もっと速乾のウェアが欲しくなるかもしれません。

汗をかくのを覚悟で速いペースで登りたいときや、重い荷物を背負う時。

そのときは、

patagoniaのキャプリーン
icon

などが必要になるかもしれません。

「まずは精進」ですよ。

初心者向け登山ガイド 全記事まとめ

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。