長靴で登山したらダメですか?




こんにちは、寝袋!です。

「当たり前」のようなことなのに、意外とよく聞かれる質問があります。

それは、

「長靴で登山したらダメですか?」

という質問です。

どこの登山入門書を読んでも、長靴のことなんて一言も書いてありません。

登山靴が買えないから・・・というわけでもないみたいです。

それなのに一部の登山者が「長靴で」と思うのには、理由があるようです。

この質問の背景と、私なりの返答を書きたいと思います。

長靴で登山したらダメですか?

(注)この小屋とは関係ありませんよ

質問する人に理由を聞くと、質問の背景がわかってきました。

山小屋の主人とか猟師とか履いてるよ?

一番多いのは、

「山小屋のご主人とかって、長靴で山道を歩き回ったりしてますよね? あれって、結局長靴のほうがいいってことかなと思って」

という意見でした。

たしかに、そう言われれば、私も心当たりがあります。

山で仕事をする人、例えば山小屋の主人もそうですし、猟師や木こり、けっこう長靴を履いていますよね。

そして、ふつうの登山者では厳しいような、野性的な斜面を、ガシガシと身軽に器用に登っていきます。

ああいう姿を見ると、

「長靴のほうがいいんじゃね?」

と思ってしまいます。

ベテランっぽい感じしますよね?

あと、これは長靴ではないですが、「超」のつくベテランになると、地下足袋を履いている姿も見かけます。

「登山靴なんて重いものより、こっちのほうが軽くていいべ~」

なんて声が聞こえてきそうです(想像)。

もしかすると、深く物事を考えて、追求しようとする登山者さんほど、こういう疑問がわくのかもしれませんね。

こういう場面に長靴はいい!

そこで、私なりに長靴がいいと思われるシーンを思い浮かべてみました。

実際、たしかにあるんです。

泥々グチャグチャ

まずは、登山道が雨や雪解け水でグチャグチャ・ドロドロになっているときです。

登山道の幅全部がドロドロで、一歩の置き場もなく、仕方なく浅そうな場所を選んで突破した経験、あるんではないですか?

登山靴の色がわからなくなるくらい、グチャグチャネロネロにコーティングされて・・・。

水にバシャバシャ

次は、浅い沢や水たまりを越える時でしょうか。

登山靴は防水と言っても、足首を越えると上から水が侵入してきて、中が濡れてしまいます。

ゴアテックスで覆われた登山靴は、水が抜けませんので、まず乾きません。

こういうとき、長靴はゴムで完全防水ですから、高さを越えない限りは大丈夫ですよね。

残雪期のズルズル・ツルツル

また、北海道でよく使われるのですが、スパイク長靴というものがあります。

厚めの防寒長靴のそこに、部分的もしくは全体的にピンやスパイクが打ってあって、とても便利です。

薄っすらと凍った登山道を歩くときや、まだ雪が少なくて、スノーシューやスキーやアイゼンでは歩けないとき、重宝されています。

登山靴にチェーンアイゼンをつけて歩くような時期に、大活躍します。

長靴で山を歩くむずかしさ

次に、長靴では不利だと思われることを、あげてみます。

私は登山では使いませんが、山菜採りなどで山に入る時は、長靴を使います。

サポートされないよ

まず長靴は、登山靴とちがって、足首が一切保持されません。

裸足で動く範囲と、ほぼ同じように足首が動きます。

これは、動きやすさとも取れますし、保持されないことでもあります。

足の裏痛いよ

長靴は、全面がゴムで出来ていて、多少靴底は厚めとはいえ、地面の凹凸がストレートに足底に伝わってきます。

小さな石を踏んだときのことを考えてください。

登山靴では硬い底が石の上に乗るだけで、底の平面はそのままです。

でも、長靴は底が柔らかいですから、足の裏まで小石がめり込み、痛いです。

岩滑るよ

長靴は、あまり使わない人にとっては万能のように思うでしょうが、じつは自然の岩相手にはとても滑ります。

とくに濡れた岩などはグリップしませんねえ。

つま先で立てる?

最初に書いた足首の固定と通じるのですが、みなさんは、つま先で岩場に立てますか?

硬めの登山靴ですと、岩につま先を乗っけると、登山靴自体の硬さで案外力を使わず立つことが出来ます。

ところが、柔らかめのシューズや裸足ですと、グッと足首に力を入れないと、立つことは出来ないと思います。

出来てもすごく疲れるのです。

長靴もそれと同じで、そういうシーンはとても苦手ですね。

どうしてベテランは長靴で歩けるのか?

では、最初の質問に戻りまして、

どうしてベテランは長靴でも平気で歩けるのか?

を考えます。

これは、私が山を学んだ先輩に、何度も言い聞かされたことがありまして、それが答えになります。

「ベテランは歩き方がしっかりして、歩く筋力もしっかりしている。だから、どんな靴でも歩ける」

というのです。

対して、歩き方のしっかり出来ていない人は、登山靴のサポートがないと長い時間歩けない。

歩けてもすぐに疲れてしまう。

「あれを見て、誰でも出来ると思うのは、大間違いだよ」

そう言われてきました。

山小屋の主人などが長靴でスイスイ歩くのは、登山靴のサポートなしでも歩ける基礎があるからです。

そして、そういう場合には、防水性と軽さと安さ(手軽さ)を備えている長靴が、ベストチョイスとなるわけです。

面白話
北アルプス剱岳のある山小屋のご主人、いつもランニングシューズで歩くガイドに、こう注意したそうです。
「お前がそれで歩けるのはわかっているけど、それを見た登山者が誤解するのは避けたい。頼むから登山靴履いてくれ」
そのガイドはあやまって、それからは登山靴でガイドしているそうですよ(笑)

「長靴で登山」まとめ

「長靴で登山したらダメですか?」

この答えは、NOです。

別に長靴で山を歩いても、それはその人の自由ですし、歩きやすいシーンもあると思います。

でも、山小屋の主人やベテランがそうしているのを見て、

「登山靴よりも長靴のほうがいいんじゃないか?」

と考えるのは、大間違いです。

あの人達にとってのベストでも、あなたにとってはベストではありません。

私は長靴で登ろうなんて思いませんし、あなたもきっと無理です。

一度、山菜採りや山遊び程度で試してみるのもいいかもしれませんね。

そのうえで、「長い登山でも、岩場でも行ける!」と思えば使ってください。

初心者からの質問に答えるよ!全質問まとめページ

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。



スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。