【大雪高原温泉】紅葉と登山と沼巡り・・・そして日帰り温泉




こんにちは、寝袋!です。

あなたは大雪高原温泉はご存知ですか?

日本有数の紅葉の名所として、大雪山系の登山口として、そして1年の1/3だけ入れる温泉として、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

私はおもに登山で利用していますが、ここのすごいところは、

どの目的で行っても「超」のつく魅力的なところ

です。

国道からの林道アプローチもよく、さまざまな目的でここに集まる人たち。

大雪高原温泉の魅力、行き方などをお伝えします。

大雪高原温泉の3つの「顔」

紅葉の沼

大雪高原温泉には、大きく3つの顔があります。

大雪山系の登山口として

大雪山系緑岳への登山口として、そして季節限定の三笠新道(6月下旬だけ開放される)への登山口が大雪高原温泉です。

緑岳からは白雲岳方面、銀泉台方面へと縦走路が伸びています。

三笠新道は高根ヶ原(たかねがはら)へと直接登ることができる登山道で、季節限定の楽しみです。

沼巡り・紅葉の名所として

大雪高原周辺には沼が点在していて、見事な紅葉と沼の作り出す絶景は、紅葉の名所として有名です。

沼の周辺を散策することは、それほど時間も体力も必要ないので、手軽に絶景を観ることができるのは魅力ですね。

静かな温泉として

泥がボコボコ

林道の終点にひっそりと建つ温泉一軒宿ですので、静かな環境でゆっくりと過ごしたい人にも人気です。

周りは森と山と沼に囲まれていますから、

「ただ温泉に入り、泊まりに行く」

というファンも多いです。

大雪高原温泉へのアプローチ

大雪高原山荘へは、国道273号線(層雲峡から南下、ぬかびら温泉から北上)途中に、林道への分岐点があります。

層雲峡方面より分岐点を

大きな看板がありますので、見落とすことはないでしょう。

林道への入り口です

ここからフラットなダートを約10km(40分ほど)走ります。

固くて走りやすい林道で、ふつうの乗用車でも余裕です。

林道中、大きな分岐は1つだけ

林道途中で大きな分岐点は1つだけです。

ここを右折します。

ちなみに正面は、沼の原へ登るクチャンベツ登山口ですが、ゲートは閉じています。(鍵は開いています)

案内標識がありますので、間違わないようにしましょう。

林道の終点が大きくひらけていて、そこが終点、大雪高原温泉です。

大雪高原温泉の施設案内

大雪高原温泉案内図

  • 日帰り温泉&宿泊(後述します)
  • トイレあり
  • 自販機あり(やや高い)
  • 森林パトロール高原事務所(登山届・登山靴洗い場あり)
  • 高原温泉鳥獣保護管理棟(沼巡りコース案内)
  • 駐車場あり(とても広い)
最寄りのコンビニ
最寄りのコンビニは、層雲峡温泉街のセブンイレブンとセイコーマートです。

食べ物などの買い出しは忘れないようにしましょう。

トイレについて

大雪高原温泉のトイレは、利用開始が遅れる場合があります。その場合、林道入口から国道273号を北へ約4kmのところ、大雪プラザ273という施設のトイレを利用しましょう。

大雪高原温泉から歩くコース

大雪高原温泉から歩くコースは3つあります。

緑岳

緑岳へ登る登山道です。

お花畑を抜けていきますので、高山植物が楽しめます。

山頂直下ではナキウサギにも出会うこともあります。

三笠新道

残雪期のうち6月下旬だけ開放される登山道です。

急な雪渓を登ることが必要ですが、高根ヶ原に直接登ることができます。

ヒグマの多い場所で、事前にレクチャーを受けてから出発するのがルールです。

下りに使うことはまれで、三笠新道から登って緑岳などから下山する周回コースが人気です。

沼めぐり

山へは登らず、周辺のいくつかの沼をめぐってハイキングできます。

ヒグマの出没状況を毎朝チェックしていて、多い時は通行できません。

紅葉の時期は、それはそれは見事です。

注意
ヒグマの出没が非常に多い地域のため、レクチャーを受けることが必須です。

毎朝7時が最初のレクチャーですので、それ以前にスタートすることはできません。

日帰り入浴&宿泊「大雪高原山荘」

大雪高原山荘

山や沼巡りを楽しんだ後は、日帰り温泉施設「大雪高原山荘」があります。

また、こちらは「1年に123日」という季節限定の温泉宿でもありまして、登山の前泊や紅葉狩りにオススメです。

料理、温泉、設備など、山荘の詳細はこちらでどうぞ。

ここへ来て、この温泉に入らずに帰るのは「ハッキリ言って」もったいない!

大雪高原温泉まとめ

大雪高原温泉は、

  • 山奥にありながらアプローチがよい
  • 登山・沼巡り・紅葉など楽しみ方が多い
  • 日帰り温泉・宿泊施設があって便利
  • レンジャーさんなどが常駐していてコース案内・整備も充実

していて、

「足りないものがあまりない」

というすばらしい拠点です。

私は大好きで、ついつい訪れたり、登山口に選んだりしてしまいます。

登山の人も、紅葉目当ての人も、ぜひ訪れてみて下さい。

気にいると思いますよ~。

【北海道登山】地元民が行う実際のヒグマ対策(熊鈴、熊撃退スプレー)

 

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。






スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。