【トムラウシでテント泊】南沼キャンプ指定地を便利に使う豆情報




こんにちは、寝袋!です。

北海道の人気の山のひとつトムラウシ山。

そのトムラウシ山の頂上直下に、花畑に囲まれた南沼キャンプ指定地があります。

携帯トイレブースが設置され、水はたくさん取れ、なによりロケーションが素晴らしい!

そんな南沼キャンプ指定地には何度もお世話になっています。

この記事では、箇条書きや数字だけじゃない、南沼キャンプ指定地の詳細な情報をお話したいと思います。

初めて行かれる方や、季節を変えて行かれる方の参考になればと思います。

トムラウシ山頂直下のテント場

テントからトムラウシ山頂

南沼キャンプ指定地は、トムラウシの頂上直下、山頂の大きな岩峰が頭上にそびえて、

「さあ、あと一踏ん張り!」

と気が高ぶるまさにそこにあります。

トムラウシ登山を1泊で

トムラウシ山はロングコースで知られています。

トムラウシ温泉短縮登山口から、往復コースタイムで軽く10時間は超えます。

下山時の登り返しも多いことから、思っている以上に体力が消耗し、13時間以上という人も少なくありません。

「そんなロングコースを、日帰りで往復するのはもったいない」

と考える人にとっては、この南沼キャンプ指定地は絶好の場所なのです。

縦走路が交わる

また、この南沼キャンプ指定地は、縦走路が交わるところでもあります。

トムラウシ温泉への道、大雪山(ヒサゴ沼、白雲岳、など)への道、そして十勝連峰への道、です。

大雪山と十勝連峰を結ぶ大縦走路を歩く人にとって、こちらも重要なテント場になるでしょう。

【旭岳~富良野岳】大雪山・十勝連峰縦走マニュアル【水場・テント場情報】

南沼キャンプ指定地の詳細情報

南沼キャンプ指定地概略図

まずは南沼キャンプ指定地の基本情報です。

テントスペースの数は?

南沼キャンプ指定地は、小規模から中規模のテントスペースが点在するキャンプ指定地です。

すべて合わせると40張りと言われていますが、実際にはもう少し少なくなると思います。

ただ、ぎっしり満員になるのはまれですので、十分なスペースがあると思ってください。

水場について

雪渓からの水が指定地の真ん中を流れています

南沼キャンプ指定地の水場は、キャンプ指定地のど真ん中を、雪渓からの雪解け水が流れています。

8月中旬までは十分に水が取れますが、雪渓がなくなると、雨水が同じところを流れるので、それを使うことになります。

雪渓があるうちは、それこそ浴びるほど水が取れますが、なくなると一気に少なくなるという両面を持っています。

トイレブースについて

まだ覆いされているトイレブース

南沼キャンプ指定地は、昔、『日本一汚いテント場』として有名になったことがありました。

お花畑のあちこちにはトイレットペーパーや汚物などが散乱していました。

そこで、有志の方々が立ち上がり、南沼キャンプ指定地に携帯トイレブースを2つ設置されたのです。

努力のかいあって、今では特別汚いとは思いません。

親切なことにトムラウシ登山口を中心に、携帯トイレの回収ボックスもありますから、登山者は必ず携帯トイレを持参してください。

携帯トイレブースは、6月下旬から7月初旬ぐらいを目処に利用可能になります。

残雪の残り方

6月に入ると、北海道の山々も雪解けが進みます。

南沼キャンプ指定地が利用可能(地面が出る)になるのは、6月中旬ごろからになります。

水場の雪渓から遠いほう、水場の下流側から順番に使えるようになります。

雪解け直後はドロドロですので、乾いたところから使われるようになります。

上の地図で言えば、Aは早く、Bは下流側から少しずつ使えるようになります。

南沼キャンプ指定地のいいところ

夜明けのトムラウシ

南沼キャンプ指定地で宿泊することの、一番のメリットは、

夕方から夜明けまでのトムラウシの姿を楽しめること

です。

テントから観ると、夕日は手前からトムラウシを赤く照らしますし、朝陽は山頂の背後から登りますのでシルエットが美しいです。

ロングコースだけに、ここに夕方や夜明けに居ることは、かなり大変です。

重いテントを担ぎ上げた人だけの特権と言えるでしょう。

南沼キャンプ指定地の欠点?

こんな大きな雪渓がなくなる時が来る

私は基本的に素晴らしいテント場と思っていて、とくに欠点はないと思うのですが、あえて言えば一つあげます。

それは、豊富な水場がテント指定地のど真ん中を流れるので、

バシャバシャと一晩中うるさい

ことでしょうか。

むしろ、水の音を聴きながら眠れるって最高だと思うのですが、気にされる方も多いようなので挙げておきますね。

個人的にオススメするテントスペース

上の地図で言えばAのスペース

最後に、個人的に一番好きなテントスペースを紹介しておきます。

上の地図で言えば「A」のスペースがおすすめ!

一番トムラウシ登山口に近いところに、ちょうど1張り分だけ独立したテントスペースがあるのです。

私はそこが、南沼キャンプ指定地のベストスポットだと思っています。

  • 雪解けが早く、真っ先に乾く
  • 小石が少なく土のスペース
  • 個室気分
  • 水場に近い
  • 山頂を観るのに邪魔がない
  • トイレブースまで他人の邪魔をせず行ける

からです。

欠点としては、キャンプ指定地に来る人がみんな前を通っていくことでしょうか。

でも、それと引き換えに得るものは大きくて、私は大好きです。

小石が多いスペースも多いんです

南沼キャンプ指定地で泊まろう

一時は汚いという悪名が先走った南沼キャンプ指定地。

今では関係者の努力と登山者の協力の結果、とてもキレイな状態になってきました。

水があって、トイレもあって、景色も最高なのが、本来の南沼キャンプ指定地です。

汚れたり、嫌われるとしたら人間のせいです。

いつまでもキレイに使わせていただきたいものです。

南沼キャンプ指定地を、正しく、便利に楽しんでください。

初めて行くテント場は、なにかと情報が不足するものです。

参考になれば嬉しいです。

『A級放浪計画』を投げ銭で応援する

いつも『A級放浪計画』をご覧いただきありがとうございます。
「この記事に満足した」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」
という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m
投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。
ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「gift@nebukurou.com」です。
※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

メッセージも添えてくださるととくに嬉しいです。

感謝いたします!
ご支援いただいた方々はこちらでご紹介させていただいております。



スポンサーリンク






一歩前へ踏み出したい登山者には『パタゴニア』がおすすめ



パタゴニア

patagoniaの通販がオススメな理由!

①製品永久修理保証

②サイズ交換・返品が親切

③絶対に使うべき定番製品が超優秀(キャプリーン、R1、ナノパフ、フーディニ)

④アウトレットで安く買える

⑤新しいアウトドアウェアはパタゴニアから生まれる

くわしくはこちらをどうぞ。